スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

どうして電気風呂がいいのか

筋肉痛などの葛藤が多数実は多数
配置されていて、その本人にわからない葛藤が
被害者をくるしませ、意識水準を下げる元になっています

特に、首もと、あご、背筋など
被害者の方がやってたスポーツでいためたことのある
筋肉が痛みやすく、筋を痛めるような
葛藤を植えつけられます。
筋肉痛のとき、勉強が実に入らないなどの経験はないでしょうか?
やつらは、筋肉痛のような筋の痛みを配置して
被害者の意識水準をさげます

それは、強めの電気風呂によって取り外すことができます

できれば、筋肉弛緩剤など服用し
筋肉が柔らかくなってから入浴をお勧めします
スポンサーサイト
2011-05-05(Thu)
 

キャンプは高い山のほうが有利

外でキャンプをする場合、山のキャンプ地のほうが有利です
なかなか、振動波が着にくいようで、
階上岳標高600Mくらいに車で上って
振動波対策に、御影石や鉛、銅版を3つ敷いてその上でキャンプしますと
かなり、自分の身体が共振されにくくなり落ち着いて
車内ですごすことができます
また、やつらは振動波対策などしなければなかなか
わかりにくいことですが、被害者が場所を変えて寝泊りされることを苦手とします
特に、外の電化製品のないキャンプでは。。

また、橋の上も振動波が着にくい場所ですので
橋の上もすこし、声が弱いなどの感覚がかじることができます
2011-05-05(Thu)
 

おしっこの情報を取らせないテクニック

テクノロジー犯罪には生体情報キャッチシステムが働いていると思います
どうして、個人をAさん Bさん間違わず特定できるのでしょうか?
レーザーなどの攻撃であれば、攻撃がかすったりする、間違って
近くにいた人に攻撃が当たることも絶対にありません
どうやって特定するのでしぃうか
声が隣に漏れることもありません、被害者のみにしか聞こえません。

これは、被害者のターゲットのおしっこから来るPH、淡白、微量の血液
糖など
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BF
様々な情報がわかります
やつらの惑わせかもしれないということですが
おしっこを100パーセントもし処理できれば
やつらは、ターゲットえへの意識介入のような
マインドコントロールができず、
意識への介入点がずれるはずです
僕は今のところ
効果があるのは、強酸、トイレ用洗剤の塩酸<100円しょったぷフマキラーのもの]
塩、砂糖など入れています
なぜか、砂糖を入れると
僕の食欲の満足が回復しました

生体情報キャッチシステムは
例えば 2頭の牛ですが
素人には見分けがつきません
しかし、模様とか鼻の具合とか体重、骨格
などから特定できます

被害者は、まるで犯罪者のように特定されてると思います
それはまずは、おしっこ。体臭、身長や体重など
様々な情報をえて被害者を特定し続ける
おしっこなどは98パーセント水ですから
それを使用してとくていするのだから、非常に高度な高感度な
だからこそ、些細なズレ、工作処理によって
被害者へのアクセスのズレがおこるのだと思います
被害者は、おしっこや睡眠のたびに
生体情報を更新させられてると思います
食事などでイオンバラスなど意図も簡単に生体情報は違います
60兆の細胞も1年あればすべて生え変わります
おしっこの情報によって、被害者ターゲット情報を更新しつづけるのです
おしっこに処理することで
更新失敗がおこり、意識介入点のズレが生じます

僕は今のところ
おしっこに、強酸<10パーセント塩酸>
塩、砂糖、プロテイン<アミノ酸>など入れて実験しています

足、特にくつなどもやつらは
かなり綿密に被害者のくつをターゲットにしています
2011-05-03(Tue)
 

電気ぶろと水風呂を交互に繰り返す。

テクノロジー犯罪は、被害者が気が付かないように
後ろの背筋などを、筋肉通、筋痛み状態とされており
それが数種類設置されてるために、意識水準が低くなってしまい
マインドコントロールにかかりやすい
奴ら、オペレ―ターの声の脅しに恐怖を感じ脅しに屈するという精神的不快の強い
ハラスメントの制圧にあってしまいます。

今日紹介したい、マインドコントロールの減衰と打ち破りいよる意識の水準の回復法ですが

電気ぶろと、水風呂をを無理なく交互に入ります
この被害は、温める事で安心、満足感をだされたり、熱さの不快で疲労感を与えられたり
冷たい現象から、精神的劣等感に類似した状況を作られます

恒常性維持機能が、奴らにコントロールされると思われます
ですから、
基本的には、熱い→冷たい→熱い
を繰り返すだけでも、恒常性維持機能が回復しますから
マインドコントロールに使用されてるハラスメントの拷問の種類が消えるわけです

特に、電気ぶろ。 強めの電気ぶろに入って
痛められてる、筋違いにされてる筋肉部分にあてると
それが強度の電気刺激によって取れて
楽になれます。それだけで意識水準の回復がはかれる
マインドコントロールがとけるわけです。

特にお勧めのやり方ですが
筋肉弛緩剤を銭湯の直前に服用します
筋肉弛緩剤のお勧めは
ダントリウム、デパス、ミオナ―ル、テルねリンなどです

僕はその他に、ツムラの1番葛根湯、ツムラの68番 芍薬甘草なども
追加で服用します
筋肉組織を傷めつけて、硬直させることで
意識水準を低める事が
マインドコントロールにつながっている
筋肉組織の介入が、奴らのマインドコントロールの基礎工事でもあるのです。
筋肉が柔らかくなった状態での、
電気ぶろに入ると
無理な状態で硬直された筋肉が元に戻り
意識水準が回復し、マインドコントロールが解けます。

まとめると
筋弛緩剤の多種服用してから→ふんだんの塩で身体を顔、耳、尻などを洗い落とします
電気ぶろ→水風呂に交互に入ります。
これをするだけで
意識水準を低くされたところが回復する事が出来るのです。

僕の場合のマインドコントロールの打破テクニックですが、
上記に足して
まずは、ジルコニウムを身につけての入りますふんだんの
塩で顔、身体、足、耳、尻を洗いま。さっぱりするはずです
(さっぱりしないようにマインドコントロールで感覚を麻痺されても仕方ありません)
その後、電気ぶろ→水風呂に交互に入ります
熱いお湯に入ると、
真夏の外を歩いてるような疲労感を演出され
お湯に入ってる満足感を与えないように
嫌がらせの」ハラスメントで制圧してきます

小技ですが、布。
ぬれた布のタオルに塩をつけて身体に巻いてみてください
すると、奴ら、加害者らがハラスメントでする暑さのハラスメントが
休憩したような減衰状態となります。
布製品がハラスメントの為の要因になってるようです

被害者は、恒常性維持機能がマヒされてるケースが多いと思われます
ですから
熱い、冷たいの交互を繰り返すだけでも
医学的に恒常性維持機能の回復につながると思います

さらに、このテクニックにプラスして
銭湯からあがったら、
キシロカインゼリーを
身体、頭脳へ ラップにつけて
布テープで固定して寝ます
翌朝、げっそりと意識水準の回復と
マインドコントロールの脱却が出来てる事に気がつきます

顔つきさえ変わります

まとめますと
ジルコニウムを身につけて身体のバリア状態にして
筋肉弛緩剤を数種類服用する。
銭湯に入り
まずは塩で顔、足、耳、尻、身体全部ふんだんに使用する
その後
強めの電気ぶろで
身体、特に背筋や、自分が過去スポーツをしてた筋肉を
使ってたところにあてる
最初は痛くてたまりませんが、、それは

ハラスメントにされてるために少し我慢すると
楽になり取れます。
お湯が熱くなると、まるで暑い夏のような疲労感を出され
熱さの心地良さの満足を出せないようにされ
不快になり熱さに我慢できなくなります
その時は、水風呂に入ります
テクノロジーによってまひ状態の
恒常性維持機能の回復も出来ます

電気ぶろ→水風呂は 僕の場合たっぷり2時間入ります
恒常性維持機能の回復と活性は
サウナ→水風呂でもいいかもしれません

そしてから、最後に塩で身体、顔お洗い流して銭湯は終了です

その後、さらに高い減衰をしたければ
キシロカインゼリーを特に身体攻撃が酷い個所に
ラップで固定して布テープで巻いて就寝します

翌朝、かなり楽になってると思います
2011-04-29(Fri)
 

マインドコントロール打破、緩和 テクニック

様々なタイミングのやり方で 緩和打破法ができると思います

僕が納得し、確信するまでにブログに載せてる3倍以上は
やつらのマインドコントロールによって
惑わせと誘導による失敗が多数ありました。

やっと自信のあるテロ被災法を、学習しておりおます

時間がないので後々また書きたいと思います

その一つのマインドコントロールの打破テクニックとして

仕事など出かける、切り替わるときに
シャワーで塩をふんだんに使用し身体を洗うことです。
耳、足あたまを特に。
通勤途中は絶対に飲食しないこと
口に塩など含んでみながらの通勤をしてください
無事に会社に着くと、劣化させる気分の切り替えのマインドコントロールの更新失敗がおこり
意識水準の回復などが起こります

2011-04-27(Wed)
 
カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。