スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

加害者は犯罪行為の何かで、収入を得てる。本来の加害者の目的とは

単純に考えて、加害者は犯罪者です。
犯罪者の目的はなんでしょうか?
一般にカネや女などだと思います。魅力的な犯罪目的があるのです。

○生体の実験であれば、多くの被害者は必要ありません。
○腹が立つ、ムカつくから加害者を攻撃し続ける→
 経費をかけてそんな馬鹿げた事はしないはずです。
○創0学会などであって、創価に逆らったから、断ったから
テクノロジー攻撃をした。
→断ったくらいで、そんなことするんでしょうか?
 思考を盗聴できるのですから、断るか断らないかくらい簡単にわかるはずですし、
 この高度なマインドコントロール兵器を使用すれば
 創0学会など非常に魅力的に、神秘的に見せて
 入りたくて仕方が無くする事くらい朝飯前だと思います。

話は変わりますが、
月収が100万円あっても責任感が付いて回り、責任感がついてまわります。
仕事は大変で、お金をもってほくほくしたようにはなりません。

表現はよくありませんが、加害者はほくほくしたように
うまい汁を吸ってるように加害者の姿、オーラからそのようなものがあると僕は断定しています。

人の雰囲気について
人は収入に応じた、報酬系が働きにじみ出てる所があると思います。
適正な給料を得ていれば、それなりの雰囲気が出ます。

僕は加害者を知っています。
加害者らと何度も実はすれ違ったり顔を合わせたりしています。
その加害者を見ると、
通常、給料をもらって生活してる人と比べ、
何かに上手い話に、あぶく銭に満足してるほくほくした顔つき、
犯罪行為によって、あぶく銭の満足度を感じずにはいられません。

加害者は、人間の才能、長所、容姿などの機能部分を弱体化します。
どうしてそのようにするのでしょうか?実験であれば
少人数を実験に参加させるだけで十分なはずですし、
実験をするような科学者が人間性を失いながらも加害者を攻撃しつづけるのでしょうか?

一般に犯罪者の目的といえば、金、女 等だと思います。

僕が同じ同僚だった加害者を思うと
人間自体が、カネになる作物のように見てるふしがありました。
人の意思などまったく関係ない様子で
僕は品定めされたのを覚えています。

人間を狩る、あぶく銭を得るためのモノくらいにしか見てない
他人にたいする人間性、尊厳を認めたりするような奴らではありませんでした。

加害者側の世界では何かが流行してる?


加害者らの世界では何かしら、とても魅力のある辞められないたまらないような
何かが流行してるようです。
その為に、被害者の生態情報を奪い、売買してるような。
僕はそう思います。
僕が上記を書くと、加害者が、上記の考えを拒否してるのも一つの理由です。

加害者には、犯罪の何か目的がある、
(上手い汁を吸い続けてる事に満足し続けてる感じです。まるでパチンコにでも必ず勝つ技を持って儲けつづけてるような。)

加害者の行いは被害者の年月がかかった才能を、長所、容姿の良さの部分を奪い続けています
それを奪うたびに、加害者はこの才能の部分は
意味無い、役に立たない、使えるなどの意味合いで話してるのがわかります。

その才能を加害者が使用するのかといえば違い、交換してるのかといえば違います。
フリーマーケットのように売買してるかといえば、違い
顧客をつかんでる様子です。

加害者があさっての方向に目標を持ってる姿は、(加害者の犯罪目的)
下ごころがあり、下ごころがある欲望を持ってる人達に
満足してもらい、あぶく銭の収入を得てるような気がします。

多分、生体情報の(人間の長所、才能、容姿)売買されてると僕は思っています。

老若男女、年齢も容姿も才能もかまいませんが、
会社社長だけはテクノロジー犯罪に遭いにくいような気がします。

なぜかは、わかりませんが。



スポンサーサイト
2011-01-18(Tue)
 

とても重要 被害者に把握して欲しい事 

生まれながらに備わってるオンリーワンの自分の心の心底が
誰にも備わっていると思います。
加害者がまず被害者から奪うのはそこです。

奪ってどうするのか?
加害者は、オンリーワンの僕の心の心底を
確かめるように、
オンリーワンの僕の心の心底から
発生した思い出
(人間関係で男女などの良い思いで、人間関係での辛い思いで自信を失った所 人間関係での試練によって自信がついた所・・・その他様々)
を出し、加害者はマインドコントロールの言葉、映像によって逆の事をしてきます
僕の人生で経験した事によって形成された
精神構造、心のあり方などを変えてきます。

良い思いでは嫌な思い出に仕立て上げてきます。
僕が女性と交際してた方の一番思い出に残ってる所を
すべて、50台の傲慢で性格が悪く気持ち悪い嫌悪する劣等ババアと
思い出があったように背景を変えたりしてきます。(嫌がらせ行為)

つまり、
人間関係で良い思いで→嫌な思い出にマインドコントロールし
人間関係で辛い思い出で自信を失うと→加害者は自信をつけさせるマインドコントロールし
試練で自信が付いた所は→自信を失うようにマインドコントロールします。

仕事で加害者が被害者を辞めさせるように働きかけるのは、
被害者を辞めさせるのが目的ではなく、被害者が過去の人生で仕事で自信が身に付いた
所を自信無くさせたいのです。
逆に仕事で自信を失ってる所は、加害者は自信をつけさすようにマインドコントロールします。


(僕はあまり女性とおしゃべりするのが楽しまなかったのですが
その起因となったトラウマの劣等的精神面を加害者に発見されては、
今度は加害者に自信を持たされるように変格されます→すると
僕本来のオンリーワンの心で他の女性とおしゃべりが自信持って会話出来たり、女性加害者と
馬鹿げた冗談を言うようになってしまっています)

被害者によって加害者の言葉の内容、映像は大きく変わります。
それは、被害者の生まれ持ったオンリーワンの心の心底から
歩んできた人生での人間関係などの思い出からくる
精神構造の劣等感、自信→そこからくる心構えが個人個人違うからです。

ですから、加害者と馬鹿げた会話を楽しんでる方は
本来の被害者の方の人生で、劣等的精神を変えられ
被害者オンリーワンの心の心底で自信をつけさすようにされているのです。

被害者が
よく、殺すぞ 自殺しろ。と言われ多いのは
被害者が、人間関係における劣等的立場を克服してきた自信を崩す為でもあります。

2010-12-01(Wed)
 

困り果ててる加害者

僕の意識や心理、精神など身体的、肉体的要素以外のものを
奪われて、かなり日が経ちます。
僕は被害者の中でも本当にかなりの体験者だと思っています。
僕の体験が多くの被害者の体験の原理をわかるのではないかと思っています。

僕は、肉体的要素以外のもの、つまり人の中身の僕そのものを拉致されてる事になっています。
加害者のいる部屋に僕そのもの中身だけが拉致されて
まるで医師が手術室で手術をするかのように
色々な多彩で多数の心や精神を動かす為の
マインドコントロールの装備が充実しているのがわかります。
僕は、その多彩な装備に囲まれて、手術でもされるように
色々な心理や精神を動かされ、脅されたり、様々な心理状態、精神状態にされたり
続けています。
僕は、その脅し方のずらし方を学んだり、手口を知ったりして
加害者のマインドコントロール行為をかわし続けています。
結局は、暗示をかけるような催眠術のような心理でもあるので
見破られるのが一番キツイらしいいです。
日に日に、加害者のテクニックがわかるようになり
僕はだんだんマインドコントロールにかからなくなってきました。
それで加害者メンバーは頭を痛めています。
毎日、違う心理で違う精神状態にされて毎日異なった自分になってる気がします。
これらによって僕は、物凄く様々な体験をしました。ブログに書いてるのは一部にも満たしていません。

マインドコントロール屋らしく
僕が心に保持してるイメージを変えるのは、”印象”を中心に変えてきます。
この被害にあるとあらゆるものが、特に印象が強く強調されてしまいます。
加害者の伝えてくるメッセージも印象から形ずくって文字や映像を伝えるようです。

加害者が僕にメッセ―ジを伝える方法は、
例えば、僕が頭が大きいに悩んで自意識してると
その頭を意識してる神経の部分に直接語りかけて、
「小さいね」と言ってきます。
僕はそれを頭を差した部分に「小さいね」と皮肉を言われた事がわかるのです。

2010-11-10(Wed)
 

テクノロジー犯罪の本当の目的 重要

思考や心を読み取り、人が悩み続ける嫌がらせをする心理兵器の
目的はなんでしょうか?
思考や心がわかる装置があると仮定し想像していただきたい。
人間の行動や、思い方、などすべて分析され尽くしたと思ってください。
通常の現実の人間が
悩むような問題が起こった時、
人はその葛藤を持ち続け、その問題解決の為のヒントを考えたり
どうしようか悩んだりします。
しかし、テクノロジー犯罪に遭ってる人の心理状態は
そのような悩みではなく
間違いなく、
解決もないのを、ひたすらただ悩み続けるはずです。

ただ、ひたすら悩み続ける。
そのような心理状態が重要なのです。

例えば、被害者は統合失調症と誤診をされてしまい
社会的地位を失い
精神病と認定された事を苦しみ悩み続けたりします。
解決が難しく、悩み続けるものです

僕の場合ですが、加害者によって太らす工作をされ
太ってしまい、その自分の醜さに
悩み続ける。これは解決がなかなか難しく
容易に解決できません。
僕は加害者によって体重を120キロくらいにまで太らされてしまい
その自分の醜さに悩み続けた事がありました。非常に違和感を感じながら
(現在は80キロに戻りましたが)
また、母の病気の為に非常に悩み続けました。

また、会社を辞めさせるようにされ、経済的に人間関係に悩みるづける
そのような、抱え込み悩み続ける心理状態が大切なのです。

ではなぜ、このような事を絶対的な隠蔽をしながらやるのでしょうか?
それにはそれだけの価値があります。
もしも、思考や心を盗聴する兵器があると認識してしまえば、
永久に、本当に人が心底悩み続ける、悩み続けて自殺するといった心理データ―を
取る事が出来なくなってしまいます。そのような事を
治験のような形で被験者に実験と認識してしまえば
心底苦しむ思いもする事ができなくなりますし、そもそもそのような実験ができるはずありません。
悩み続けるといったデータ―を取る事ができなくなります。
だから、このように隠蔽し
訴えても統合失調症とする為の工作をし、このような実験をするのです。

この人が心底、悩み続けるといった心理デ―ターから
例えば、追い詰められて自殺する人の
心理を救う為の構築ができるようになったりします。
それはとても、治験などの実験ではとても手に入らない
もので、心底、人が悩み続けるといった
心理デ―ターが必要になるのです。

昔はわかりませんが、現代のテクノロジー犯罪の加害者は、
被害者を苦しみ悩み続けるといった事を
させながら、けして、その苦しみが表に出したり
家族に悟らせたりしないよう
精神安定効果の高いものも取りつけられたりしています。

また、加害者は

被害者の心の心底に出てくるものをイメージ化して、被害者の心の心底のイメージの真実を確認する事も出来、

被害者の独り言の不満の心を被害者の胸の部分で盗聴しています。

これを確認するには、自分の不満の独り言をが胸に出てくる時に

胸に加害者が盗聴してる事をイメージして、馬鹿 などつぶやいてみてください。

加害者はびっくりして反応する可能性があります。

2010-10-20(Wed)
 

苦しみと記憶を消され続ける、加害者の攻撃パターンについて

僕は、現在ほぼ毎日ですが、
拷問の苦しみに遭いながら、
数日前の記憶を消され、加害者の非常に強力な
マインドコントロール行為を受け続けております。

加害者の攻撃パターンは基本的に
苦しませる、マインドコントロールする、数日前の記憶を消される
といった順番です。

僕は基本的に思考、心、精神をリアルタイムに盗聴され続けております
加害者の姿も見え、会話しています。
それは、自分の脳内ではなく
脳内の外に加害者によって妄想のようなモノを作られて、
自分がその妄想の中の中心に出て、
その妄想のようなモノの中の周りに加害者が現れては
心や思考を思う事をダイレクトに見られ、
心と思考で加害者と会話してる次第です。
思考したり、思う事に対して加害者は回答する
加害者がよく、頭の外の妄想の中の浮き出てる自分の頭をいじってる様子もうかがえます。

加害者による、強力な精神安定化マインドコントロール

テクノロジー犯罪に遭うと、色々な攻撃などに遭い続けます。
しかし、被害者がどんな目にあっても表情に出たり、家族に異変を気が疲れたり
騒いだりできないように、
頭の上に何かが、取り付けられたかのように
どのような苦しみに遭っても表情に出ず、辛い目にあっても、異変にきずいてもらえず
不安になったりできないように
強力な精神安定効果の高いものをつけられてしまいます。
そのせいで、どのように不安にされたり、苦しい拷問にあっても
表情に出たりもせず、身近な家族も異変に気がつきません。
また自殺したいくらい苦しい辛い目に遭いながらも
死にたくなる衝動はでるにも関わらず
精神安定効果の高いもののせいで、
自殺しようと思いつめたり、自殺する覚悟もできなくなってしまいます。

また、僕は、ほぼ毎日
山の景色を見るとその感想が違ってしまったり
ある時は、景色を見ても何も感じ無かったりもします。
さらには、
理解の仕方の変調も毎日行われております。
理解をするイメージの視野のスタート地点が毎日異なります。
例えば、テクノロジー犯罪の事を常に考えているのですが、
その日の被害によって、
今日は何をしようかな?と思う事が毎日、一定ではなく
異なります。ある一つの断片は思えず、ある一つの断片の事しか思えないように
されています。

他の被害者のYさんはどうかな?思う事(他人の心配しかできなくされたり)しかできなかったり

次の日は、他人の心配ごとの想像がせき止められてしまい
被害の手紙を書くことしか考えれなかったりします。

また、被害に遭う前の自然の状態の
一定し、安定した心理状態ではなく

マインドコントロール目的の特殊な心理状態にされては、
数日前の記憶が忘れてしまうように、攻撃を受けています。
加害者の攻撃は、
ある一定した周期が存在します。
被害者の皆さまは、被害が弱くなったり強くなったりしてないでしょうか?
そして、数日前に会った人の事や何をしたのか等思い出せてますでしょうか?

僕は、加害者が僕の心理状態に合わせて攻撃してる事がわかっています。
見えないマインドコントロールする前兆もわかっています。
被害者の方は気分が変調したくらいにしか思わないと思いますが、
ある 変性意識状態を作りあげられてから、
苦しみに遭うようにされてしまっています。
その為に、苦しみにあっても被害を中々記憶できず
被害を忘れてしまう傾向にあると思います。
2010-10-19(Tue)
 
カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。