スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

テクノロジー犯罪による被害システム

テクノロジー犯罪による被害システムを簡単に説明したいと思います。
加害者は、どうやら警察関連かもしれないと思います。
加害者は基本的に嘘をつけず
加害者に警察関連なのか?と僕は意識の共有状態で尋ねると
尋ねるとかなり動揺します。

被害者の皆さまへ

被害を早く軽減させる方法を教えます。

※理論はとりあえずおいて考えてほしいです。論より証拠、結果で考えてほしいです。

とりあえずは、台所の台所、玄関、自分の家から出入りした経験のあるところ
を100円ショップなどで売ってる強い磁石を窓に
つけてください。

(磁石をたくさん使いますので100円商品を2000円~3000円分購入してください
アルミテープなども5~6個購入してください)

(アルミホイル、アルミテープを磁石を包んで玄関のドアに内側から付けてください)
さらに、自分の家にステレオや炊飯器や時計など電化製品の様々なモノが
家にあると思いますが、古いものから、もしくは思い出がふかいものから
アルミテープ、アルミホイールで磁石を巻いたものを
特にステレオの場合、線や電気のコードの元あたりに
それをはりつけます。

※アルミホールでモノを包むと
 加害者は、そのものを無効にしにくくなります

さらに、アンテナ、BSアンテナなども
アルミテープで巻いた磁石を
取りつけてください。

被害によって異なりますが、熱さの被害がある方は
ストーブの後ろに磁石にアルミテープを巻いたものをつける
睡眠妨害の方は
布団のそばの電気スタンドたベットなどにつけてください。

自動車の場合も、同様に処置しなければなりません。
自動車のドア部分にも内側から
アルミテープで巻いた磁石をドアすべてにつけます

そして、家の鍵、車のかぎがあると思いますが
そのカギにもアルミテープで巻いた磁石を貼りつけてほしいと思います。

ただいま、共感できる被害者の方を探しています
もしも、上記の方法を実行し
うまく言った方はすぐにご報告お願いいします。
毎日、死ぬ以上の人権被害に遭い続けてる
多くの被害者の方が救われる可能性があります。


★ポイント
大事なのは上記の行為を一気に行う事です。
玄関が2つあり、台所の玄関、正面玄関のうち
一つだけアルミで包んだ磁石を張っても
効果はない事です。


よろしくお願いいします。

スポンサーサイト
2010-12-02(Thu)
 

加害者は透明人間 になり被害者の家に来ている

このような事を書くと、信じていただけないかもしれませんが、

僕の考えでは加害者は透明人間であり、被害者にわからないように
近づき、処置してくるのがわかっています。
加害者が被害者に影響を与える機材も透明なものです。
目に見えません、しかしながら、その機材は
被害者が意識してつかんで投げて壊すことが可能です。
何かが、通り過ぎた気がする。。
とよく被害者の方は思うかもしれませんが
気のせいではない事を断言しておきます。

そして、見えない、影響を与えるものを被害者の家に仕掛けています。
それは被害者が見えませんが壊す事が実は可能です。

最近、次々と被害を軽減出来る方法がわかりつつあります。
加害者から被害者に影響を与ええるアクセスポイントは主に2回所です。
後頭部、胃の下の後背部です。
目に見えない機械の触手が被害者に挿入されてるはずです。
つかみ続けてる間はマインドコントロールの進行を止める事が出来ます。

また、
100円ショップで売ってる2000ガウス級の磁石をたくさん購入して欲しいです。
それを、アルミテープ、アルミホイルで巻き玄関のドアに、
くっつけてください。
さらに、自分の思い出のある器具(多数あると思いますが)
などにも同じように
アルミテープ、アルミホイールで巻き
磁石を入れて被害者の思い出のモノに貼りつけてください。
特に睡眠妨害のある方はベット、布団に
アルミテープでまいた磁石をくっつけたりすると効果ると思います

空気感が変わると感じられるはずです。被害も大きく軽減すると思います。
2010-12-02(Thu)
 

対人、人間関係の空気を変える工作

テクノロジーの心理兵器はマインドコントロール
本人が気が付かない、微妙なラインの部分に重点が敷かれています。
対人、人間関係の空気を変えたり、イメージを自意識過剰にをさせて嫌な気分にさせる事が出来ます。
また、死角から聞こえるような
とらえようにもとらえようもない声を聞かせる事も可能です。

人間関係の空気を変える方法に関しては
普通の人間同士 会話しやすい空気
話しかけやすい空気が 通常ですが
加害者のテクノロジー犯罪の工作に遭うと、
人間関係の空気を操作されてしまいます
会社ですと、自分が仕事で大きなミスをしてしまった
心理にさせられてしまい、話しかけられにくい空気にの心理状態にされてしまいます。


今日の被害↓

加害者メンバーの僕に対する殺意は強いものになっています。
加害者のやり方は巧妙で、基本的に加害者は正当性を作らないと
罰としての攻撃ができません。現在の僕には
僕に死ぬ事を意識させてそれを自覚させ、
自殺願望があるような心理、類似自殺願望の心理をつくりあげようとしています。

それを正当化して僕の思考や意思が働けない様がんじがらめにしようとしています。
そして、
自殺願望がある人間が勝手に自殺してもそれは、仕方が無いものであった事にしたいのです。
その為に、かなりエグイ酷い攻撃をし続けてきます。
「殺す」「死ね」「人格障害ってなんですか―」「自殺しろ」
など闇の心理にイメージが挿入するように語り続けてきます。

僕も必死で、加害者が挿入してきたイメージを
「死ね」→「仕根」とイメージし返したり
 自殺しろ→「時サツマイモ」など加害者のおくってきた
イメージを変えて、死ぬ意識をもたないように抵抗したりしています。

その他にもマインドコントロール、洗脳行為が酷いです。
また、行動、企画の混乱を起す為に
ある行動を取ろうとすると
行動を自覚する前に「 × ヤメロ」と映像をみさせられてしまったりしまいます
アイスクリームをいつも買ってる
ドラッグストアに近づくと、建物が近づいただけで
「 今日は食うな × 」
という映像を見させられたりしています

とにかく、マインドコントロールが酷いですし
映像イメージの共有による(イメージする事が話す事)
話しかけも酷いです。
2010-11-01(Mon)
 

テクノロジー犯罪は人の心理を物理として考えた、思考変化の実験

テクノロジー犯罪の正体は、
人の心理を物体(物理)としてとらえた
心理を物理として見た次々に起こる
連鎖反応の実験である事だと僕は確信しています。

僕、個人の環境を中心としたテクノロジー犯罪、思考を盗聴
の見解を発表したいと思います。

テクノロジー犯罪に遭うと、
色々な非常に苦しみ続ける辛い経験をしながらも、それを忘れてしまうといった
現象が1つのサイクルとして続くと思われます。

僕、個人のテクノロジー犯罪を心理の物理の実験として見た場合
あらゆるつじつまが合う事に気がつきました。

まず、加害者の僕に対する実験として見た場合の流れですが、
大まかに
動揺→不安→自覚→心理の変格(思考の変化)
といったサイクルで、心理が移行し続ける事がわかりました。
被害者の方は自分の心理を物体として考えてみていただきたいと
思います。

このサイクルの流れの、自分の自覚症状と加害者の行動ですが
まず、加害者は僕の心理を動揺与えて→不安な状況に追い込む
と言った事をします。
僕の場合ですが、
簡単に言うと、加害者は映像化して出てきて、罵倒を繰り返します。
その内容を詳しく言うと、
僕の過去に関係のあった人物でインパクトを与えたある人物で、
僕の心理に影響を与えた人物が出てくるのです。
加害者の作ったその人物の幻像は、
僕がある行為Aをしようとすると、それにぴったりと合せたように
罵倒や脅しを繰り返していきます。
僕の心理を何もかも知り尽くして、僕がどのようにすれば不安になりやすいのか
動揺を与えやすいのか、何もかも知っております。
加害者によって作られた幻像による
罵倒や脅しが一つがビリヤードのような玉として考えた場合
その脅しという球が、僕の心理に当たり、不安という球を叩きだす
ような現象を作り上げます。
これがまず、次々と物体としての考えた心理の連鎖反応が起こる、
加害者の第一の目的であります。

僕が、行為A(会社の仕事を片付けよう)とすると、
加害者は
僕に心理的に不安を与えた人物Aさんの幻像を作り出し
その行為にぴったりと合わせ「ヤメロ!」「いい加減にしろ!」など
不安の口が広がりやすいように脅していきます。

加害者は、なぜもこんなに僕の心や過去の人物の僕に不安を与えた人物まで
知っているのでしょうか?
それは、加害者が作った幻像と言うのは、
実は僕の頭脳の記憶に書かれてた心理情報を
出してたにすぎません。
僕がどのように不安の口を広げ陥りやすいのか、
そして、僕に不安を与えた自分が誰なのか
僕の脳の心理の記憶に、
僕の過去の心理の記憶に記録してあるのです。
僕自身が過去に不安を受けて心理に影響を与えた過去の
心理の記憶の情報をそのまま使っていますので、
非常に上手に、どのようにすれば不安や動揺といった心理に陥りやすいのか
詳しく、精密に加害者のテクノロジーの心理科学兵器に分析、解析されて
いるのです。

次に自覚ですが、僕に
”ある自覚をさせる”といった心理Aの構築をはかってきます。
加害者は僕を上記で記したように
連続した罵倒を繰り返し、不安を与え続けてそれがエスカレートしていき、
僕が苦しみ悩み続けるといった心理Aの構築を図ろうとします。
僕が受けた実際の現実の例で言うと、
僕が会社の上司の機嫌を損ね、会社に居ずらくし
悩み続けさせるといった心理Aの構築をしようとします。
会社の上司に嫌われる自覚をさせて
苦しみ悩み続けるをさせるのが第二の目的であります。
一時的な、局所的な苦しみではありません。
ここまでも、心理という物体のある法則による連鎖反応の
一定の法則があるかのように事がすすめられます。

次に心理の変格ですが、
その前にもう一つの悩み苦しみ続ける要因の上記のように自覚をさせて、
2つの重い悩み苦しみ続ける要因の自覚を抱えていくように仕立て上げられます。
加害者はそれによりとても辛く苦しみ続ける(自殺した方がいいと考えるほど)
といった状態が発生し、
その心理物理としては、ある域値を超えると
心理の変格が起こるようで、それによって
加害者はその変格を起こすめあすとして
被害者が二重の苦しみを自覚し、悩み続けて
これは僕の場合ですが、
僕が二重の苦しみ続ける要因を抱えて苦しみ
悩み続けて、苦しみ悩みからの決意の独り言
「もう、駄目だ、(辛すぎて)会社を辞めるしかない。。」など
決意のひと言
こういった心の苦しみの悩みの決意の独り言を言うのが
加害者の指標であり、その一言を確認するように加害者は確認し
加害者による心理の変格が起こされます。
大事なのは、加害者にとって、
被害者を会社を辞めさせるのが目的ではなく
苦しみ悩ませ、その苦しみから逃れる弱音の決断を吐かせるのが目的でもあります。
詳しい目的はわかりませんが
これによって、被害者は心理の変格が起こってしまい
まず、心理から起こる思考が明らかに変わります。
その為に被害に遭う前の過去にできた思考ができなくなってしまい
被害後、思考の変化が起こっており、被害者は何かが違う事と言う事と
わけのわからなさに悩むと思います

加害者が最初に思考を盗聴する理由もこの重要な要因によるものだと思います
2010-10-24(Sun)
 

僕に対する加害者のマインドコントロール行為の流れ~

僕に対する加害者のマインドコントロール行為の流れ~



僕には、心の映像に見える加害者による、声の脅しやらがずっと続いています。

それを一つ一つ、分析できましたので

その、遠隔操作の思考盗聴技術による

マインドコントロール行為の概要の流れをお知らせしておきます。

目的は、精神の変格にあります。



被害者の方はトラウマになる

とても辛い試練、経験をして、自分の決断の仕方、考え方が変わったなど

精神の変格があった事はありませんでしょうか?



加害者はそれと同じように、被害者を苦しみ悩ませて精神の変格を起します。

被害者に起こした行為を被害者に記憶できないようにしながら

それをマインドコントロールしてすすめます。

被害者は、それによって、精神状態が変格され続け、

変格精神 C→D→E→Fと進んでいきます。

だから、被害者の方は、自分の昔の日記やブログを読むと

どのような気持ちだったのか忘れがちになってるはずです。



この行為の流れは 

自白行為→苦しみ悩む為の心理状態の構築→苦しみ悩み続けた事による精神の変格を起す

といった形になります。



自白行為



まずは、加害者は自白させる行為からはじまります。

遠隔操作技術によって、

僕の精神状態は、心が人とわかちあったように

楽しくって、うれいしい気持ちで満足した状態にされてしまい

とても身近な人と僕の気にいってる思い出の幻像を共有して

話をするように、加害者に僕の思い出の幻像をを出されては、

それに対しペラペラと楽しげに話をしつづけてしまいます。



苦しみ悩む為の心理状態の構築とその為の

マインドコントロール~



自白によって

僕の苦しみ、悩むといった心理の元となる

心理の動向を探ります。

例えば、加害者は被害者の苦しみ悩ませる心理の元として

被害者の人間関係の悩み続ける、苦しみ続ける心理を構築したりします。

被害者の会社の上司との人間関係に遠隔操作による工作をし

特に感情面による 好き、嫌い の操作の遠隔操作をします



僕は、会社の上司に嫌われたくない、嫌われてしまうと悩む。

といった心理を加害者によって

被害者の中心である心理として構築されてしまい。

上司も加害者によって心理操作されてしまいます。

上司は、加害者によって僕に対する不満、憎しみなど悪い心を増強させられてしまい、

上司は、僕の事を嫌いと思うようになり、

僕は上司が嫌いになってる感情を察知できて

その人間関係に悩み苦しみ続けるといった状況が発生します。



その悩みの状況を常に自覚するまで構築されてしまいます。

それによって、被害者は悩み苦しみ続けるといった葛藤の心理が発生し続けます。

その心理Aは

マインドコントロールされたように徐々にヒ―トアップしていき高まっていきます。



その段階から次に

加害者は、(※僕の場合ですが)

肉体的な不愉快、不快さの続く電磁波のような低周波のような

ものを身体身体に起こしたりされて

被害者の僕は、人間関係も悩みながら

かなり強力な苦しみ悩み続けてしまいます。



※そこにある種の精神安定効果の高いマインドコントロール的なものもされてしまいます。



苦しみ続け、人間関係に悩みつづけながら

かなり辛い思いの日々を強いられます。

それは一生のつらい思い出になるほどの

トラウマになるほどの苦しみ、辛さになります。

その状態で

被害者の僕は、「もう、会社辞めたいな。辛いな。。苦しいな。。」など

不満の心の声が出てしまいます。

そして、被害者はこの辛さから逃げるように、決断をしてしまいます。

重要なのが、こういった心の中の不満の声のひと言であり、

加害者による、心理動向の確認の指標になります。

これによって、被害者は精神の変格が起こってしまい。

この被害Aに遭う前の精神の考え方とは違ったものになります。

それは、人が人生で非常に辛い試練に遭い

決断の仕方が変わったり、考え方が変わったりするのと類似しています。



また、この行為によって、被害者は

被害者が非常に忘れやすい変性意識状態、マインドコントロール

などにされてから辛い苦しい犯罪行為にされる為、

記憶に残らないようにトラウマにならないように

被害に苦しみ、精神の変格だけが起こると言った仕組みになっております。

その為に

被害者は、苦しい被害がどのようなものであったのか

ブログをつけてもどのような様子だったのか思い出す事ができないようになっています



被害によって会社の人間関係に悩んだり苦しみ悩み続け、

「もう、会社辞めたいな。辛いな。。苦しいな。。」」と心の不満の声をつぶやき

精神の変格を起すまでが目的であって、

加害者は実際に会社を辞めさせるのが目的ではありません。

辞めるか辞めないか決めるのは、被害者の自由なのです。

2010-10-21(Thu)
 
カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。