スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

DENEBUさんの記事に非常に共感できた点、重要なポイント

DENEBUさんの記事に非常に共感できた点、重要なポイント
11月13日の記事
「なぜ人は音声送信の誘導に引っかかるのか?」(仮・考察)
http://denebu.livedoor.biz/

マインドコントロール行為をされてる重要な部分だと思います!

DENEBUさんがテクノロジー犯罪のマインドコントロールの部分
非常に重要なポイントを書いてたのを見て
非常に共感しました。
被害者の方は是非、意識、認識していただきたいと思います

(例)
それは例えると、王様に、信頼感ある兵隊が、耳打ちするのと同じようだと思われる。

まったくその通りで、加害者が声やメッセージを送る前には
先にそのような信頼感を与えるマインドコントロールなど心理状態を
作りあげてるのだと思います。

勝手に信頼関係のマインドコントロールを築き上げられて
信頼関係のある、通じ合う、暗黙の了解のように
言葉を投げかけられて、マインドコントロールされてしまうのだと思います。

僕の場合ですとマインドコントロールの為に
僕の心理に影響を与える先生が出てきます。
それは僕の性格にそった、性格の相性がある
理想の穏やかさを持った先生が出てきます。

小学校の頃の先生に対して持っていた信頼感、安心感、
言う事を聞かなければならい習慣的な上下関係のものを
与えられ、さらに相性が良い関係も与えられてしまいます。

信頼関係がある人間の上下関係の状態で、(~はとても、と言わずとも通じ合う 暗黙了解のように、)貴方は「す・ば・らしい、)とほめてきたりしてきます。
それは上下関係の位置づけをする、逆らえないようにマインドコントロールする
逆らう意思を持つ事に罪悪感を生じさせるマインドコントロールでもありました。

僕はその声を当たり前のように、上下関係の信頼感をもって聞いて受け入れてしまいます
音声送信にひっかかる重要な部分です

僕はその状態で、逆らう罪悪感を感じながらも加害者に
「馬鹿野郎、さっさとこの拉致監禁から解放しろ!犯罪者め!」と訴えて
自分にかかってたマインドコントロールを解いて、現実を認識する事が出来ました。
それによって加害者は、非常にあわて焦りつづけて「ありえねえ~・・・」と困っていました

スポンサーサイト
2010-11-14(Sun)
 
カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。