スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

現実にテクノロジー犯罪被害解決への道 警察への相談いきました。

テクノロジー犯罪被害を解決するには、出来れば早期解決にはどうしたらいいのでしょうか?
昨日、僕が何度も調査確認しそのつじつまが合い
100%自信ある加害者のいる町の
警察署に行きました。間違いなく加害者宅に高度な世間では未知の
ハイテク装置があると自信を持っています。
ハイテク装置の証拠が見つかれば国はかならず動きますし、この犯罪が明らかになれば
日本中どころか世界中が凌駕すると思います
僕はその為に
警察に行き、この遠隔からの拉致犯罪の事を話し
加害者宅に一緒に部屋の様子をたずねてくれないか?頼みましたが
警察の方は残念ですが応答してくれませんでした。
警察の方からすれば、目に見えない、音も聞こえない、血も出ない
医師の診断もない、第三者にわからない事
遠隔から電波を出すのであれば、周りの人も影響あるのにどうして
貴方だけが受けるの?などと言われたりもしました。
精神病と疑われやすい被害である事で
被害は、被害者本人だけしか認知できない事など話しました
被害者本人だけしかわからないのはおかしい、それに遠隔から貴方の場所も分からないのに

どうやって貴方に電波を狙ってるのか?などと言われたりもしました。他の人に当たらないのか?
逆に犯罪者をしってるとしても、思い込みからくるものとして
加害者宅には近ずかないように釘も刺されてしまいました(警察の義務なのでしょうが)

まったく聞いた事のない、犯罪でニュースでやってたりもないから。。難しいなどと言われました。

僕は、僕の被害の内容の事を共感し、被害者として認めてくれる方は大勢る事も話しました
しかしながら、現実的な目に見える証拠が無ければ
被害のない、まったくテクノロジ―犯罪の遠隔からの拉致犯罪の概念を一つも持っていない
第三者からすれば、証拠もないのに口(被害の訴え)だけで動かせる事は
難しいな。。現実の証拠のなさ認知の低さからは難しいと思いました。

被害者へ見に見える異常はまったくないのですから。
正直、僕は装置を取り警察、公安などに訴えようと思いましたが、
警察からすれば、装置が何たるものかさえわかっていないのです。
その装置が何なのか、我々警察は専門家じゃないから加害者宅で見ても
わからないと言われました。
科学技術者に見てもらうしかないなと思いました。
この犯罪を証明するには、証拠の武器ハイテク装置の出現しかないと思っています
機械の何の技術を使っているのか未知の電磁波を測定しようとしても難しいでしょうし
この同じ装置を開発する事を期待する事はほぼできません。
解決の為に現実に向かうのは山ほど課題があると思います
受け入れる体制も少なく、被害者の解決への活動意欲も低く
被害者同士の団結力も小さい(被害者が人間不信にされてるせいだと思っています)
被害者が毎日大変で経済事情も逼迫しそれどころではない事も
一つの要因です。
スポンサーサイト
2010-11-21(Sun)
 
カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。