スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

もしもNPOテクノロジー犯罪ネットワークが無くなると。。

ある被害者の方から、NPOテクノロジー犯罪ネットワークは機能していない。とメールをいただきました。
実は、僕もそのように感じるところがあります。
科学的分析を考える、国に訴える広報する等もありますが

もっと、被害者同士被害対策を出し合って、

話し合いによって、このような時が良くあり、その場合この対策をすると効果がある等

それによって被害者同士の生活の質やマインドコントロールされてる頭脳、意識の保持などの
改善を測れるようになれればという考えがあります。
出来るだけ、被害を軽減し、そうしてNPOの活動をする、NPOに行けば改善、緩和法をおしえてくれるなどに
なれば、、と思います。僕の理想的考えですが。

NPOテクノロジー犯罪ネットワークについて
被害者の方は、もっともっと本音で語るべきだと思います。非難されるのを承知でも。

ex最近は機能してないように感じるなど。

★もしもNPOテクノロジー犯罪ネットワークが無くなれば(消滅すれば)

NPOがあるからこそ、テクノロジー犯罪被害をテクノロジー犯罪
であると認識できるのだと思います。

NPOがもしも消滅、解散すれば、
被害者はますます追い詰められます。
今後NPOが解散しない可能性はゼロでしょうか?
加害者らは、NPOを潰したがってると僕は思います。

最近、NPOが機能してないように感じるのも
マインドコントロールの一種だったり
被害者の方でNPOを嫌な事が起こり辞める人が出たり、
変な悪いうわさが変わりながら伝わっていく事も。(誤解が過ちが多いと思います)
足のつま先からすべてが、マインドコントロ-ルによって管理されてると
疑ってもよいほど、管理されてる可能性があると僕は考えています。

NPOに工作員が多数いるなど
僕は、脳を乗っ取る、マインドコントロール被害によってそのように皆さんが陥ってると思っています。

もしも、テクノロジー犯罪被害であることも世間で存在しなくなると

加害者はマインドコントロールによって
被害者には世間にあなたの被害など存在しないよ。
と酷い被害にあいながら
そのような考えをするようにマインドコントロールを受けると思います。

被害を考える事自体、オカシイのよ。誰に言えるのよ?と言うようになると思います
そうなると被害者の方は救われませんし、ますます加害者はつけあがるはずです
やりたい放題になると思います。

僕が、NPOで何ができるのか?
代表者Iさんも被害者で。
被害に遭いながらNPOを引っ張っていただいています。

僕はNPOの定例会には
お客さん感覚で訪問してた面があります。
NPOが病院で僕は患者さん感覚です。

NPOがなんとかしてくれるだろう。とりあえず被害の治療に来たような感覚です。
しかし、
NPOで自分が何ができるのか?考えるべきだと思いました。
NPOが消滅した事を考えてみますと
大きな心支えを失います。
入会していないNPOの会員の何倍もいると思われる被害者の方も
被害を被害として認識しする心の支えを失うのではないかと思っています。

NPOに入会していない被害者の方は、なんとかNPOに入会しこの犯罪被害と戦ってほしいと思います。
僕はNPO会員ではない、たくさんの被害者の方と知り合いましたが
経済事情の問題で入会できない被害者の方が多くいる事をしっています。

被害者の方は、必ずと言っていいほど経済事情が悪化し追い詰められる傾向が強いと思います

★ 逃げる事の出来ない、根拠のない期待感を持たせられる

いつか、あと2~3年もすれば被害は終わる。
来年には被害は終わる。
疎遠の異性の人と関係が持てる
多額の慰謝料、お金が手に入るなど
被害者は、マインドコントロールで逃げる事の出来ない期待感を持たされ
被害が早く終わるのだろう。と期待感を持たせられますが
被害は、何年でも10年以上でも続くはずです。それが現実だと思います。

期待感は加害者の罠、マインドコントロールと認識して、期待感に逆らい現実を見つめてほしいと思います。
期待感を持たせられるから、加害者の言葉、映像から(意識への介入)連想してしまう誘導にあうのだと思います

NPOにたいして僕が望む個人的な事

僕がNPOに望む事は多くあります
HPを見つけ見る被害者のために

・もっと被害内容を詳しくわかりやすく書くこと(マインドコントロール被害など、被害内容)
 被害者の方が、自分の被害が共感できるよう。それがあるからNPOに入るのだと思います

・被害登録システムだけでもつくり、無料で登録できる事。(経済事情があり、NPO入会できない方の為に、潜在的被害者の把握のために)
 個人的に NPOに入会していない被害者はNPO会員の数倍、被害を認識できてない被害者は10~50倍以上いるかもしれません


・被害対策法のまとめを共有し有効性を考える、
 科学的な根拠が無いような対策が効果があることが多い
 
この被害の問題点など

被害を話すと統合失調症にに間違われやすい。
家族の理解を得れない、家族に不信の目で見られ統合失調として扱われるようにされる
(家族がマインドコントロールにあい被害者を心配するように感情的になったり不審でみつようにされ、おいつめるのです)
スポンサーサイト
2011-01-20(Thu)
 
カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。