スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

手造りの靴下敷き (鉛、銅、ステンレス、アルミ)

靴の中に厚さ1mm鉛のテープ、0.3mmの銅、ステンレスなどを使用した
靴の下敷きをはいています。
テクノロジー犯罪のマインドコントロールの支配、制圧のアクセスの緩和に大きく役立っています
特性 靴べら2

僕はこのことからも以前も書きました
振動波、どんな地上からもアクセスできる
地上にいる事自体が、どんな地上でもほとんどアクセスが可能である技術があると
確信、納得しています
特に、足から被害者をアクセスしてるのではないかという事が
この手造りの鉛+銅の靴下敷きから実感しています

振動波ですので、奴らは非常
に振動に弱いことはありませんでしょうか。
例えば地震があると、少しですが
アクセスが一時中断されます。
高周波通信ではありえません。

この手造りの足下敷きがある、ないでは
大きくアクセスとハラスメントの介入が異なります

このことからも
地上波、地上自体からくる電磁波で
アクセスされている、被害者は共振状態となっているのではないかと
確信しています

特に靴ですが、共振振動のインシュレ―たーとして使われてる
御影石。普段は庭の石畳として使われるものです
御影石に上ると
アクセスが減りますが
靴を脱ぐ、脱がないとでは大きく違ってきました
被害者の靴は、生体情報キャッチシステムにより
目をつけられている
つまり、足元から被害者はアクセスされてるのだと僕は思いますし
確信しております特性 靴べら1

この靴下敷きは
あるとないでは大きくマインドコントロールの制圧が異なります
被害者の方は、真似して欲しいと思います。また
作って試してみたい方は作り方
材料費と靴のサイズがあれば作ってあげれます
スポンサーサイト
2011-04-30(Sat)
 

筋肉弛緩剤の服用を続けること

被害者はマインドコントロールの脳、心の制圧が酷く
中々気がつかないと思いますが、
テクノロジーによって身体の筋肉の張りをされたり筋肉の
筋を硬直させられたりするをされてるために
意識水準を高く出す事が出来ず
マインドコントロールに遭いやすい一因ともなっています

早い話し、身体の改造、骨格を改造し 意識の持ち方満足の仕方を変える
人体改造をしてると思います

筋肉弛緩剤

僕は薬剤師なので自分で医薬品の購入が可能であります。保険無しの自己負担ですが。
もちろん、病院にいったほうが3割負担で安く済みます

筋肉弛緩剤の多種服用により、僕はどれだけ助かっているのかはかり知れません
以前は、キシロカインが重要であると書きました。

キシロカインもマインドコントロールを解く重要なものでありますが
筋肉弛緩剤はもっと重要であると思います

筋肉弛緩剤服用時に
腰をねじったりの体操をしたりするだけでも
後ろの背筋の筋を硬直させられてる設置が解除されたりするのです

出来れば一度自分の骨格をレントゲンで確認する
整体に通うなどが大事だと思います
被害者の方でヨガをやってる等もいいと思います



2011-04-29(Fri)
 

心構え

テクノロジ―マインドコントロールの支配制圧にあってしまうと
はっきりいって何を思考しても考えても
精神的強さ、人間的強さなど関係なしに
被害者ターゲットの内面をマインドコントロールで壊し、
人間性などの人間的強さを破壊、弱体化してきます。
人権殺人のような事をしでかしてきます

どのようにしたらいいのか。
僕はお寺に通いお経を毎日 唱えています

NEC_0202.jpg

お経を唱えるだけで、意識水準の維持、意識水準の回復が
図る事が出来ます。
お経の理屈では
お経が、心を活性化し人間性を高めるとのことです
それが意識水準を回復できます

お寺にかよわなければ
食べる、遊ぶ、性など満足状態のことしか考えれなように
フラフラな精神状態となり
マインドコントロールにかかりやすくなると思われます

お寺に通いお経を唱えることは
頼る事でも無く、すがるわけでもないと思います

テクノロジーマインドコントロールは心を劣化させて忘れさす
意識水準を低め続けるということでると思いますその逆でもあると思います

複雑な政治問題は考えない事

心構えとして奴らは
終わりのない悩みを持たせるように被害者に葛藤を持ち続けさせようとします
悩みが無いと、心が安定し満足してしまうからです

被害者は政治が関わってると政治に関心を持つ事が多いと思いますが
複雑な、答えの見つかりにくい難問の問題意識を持たされるのは
テクノロジーのマインドコントロールの為でもあると思われます

性的誘導は絶対にひっかからない事
強力なハラスメントの制圧下では
自分ではどうしようもない性的誘導にかかるケースが多いと思いますが
それは、人間性、人間的強さの劣化させるためでもあります
性的誘導が一番劣化しやすいと思います
多いのは、自意識過剰になりやすいようにされ
幼児だの、痴漢だの、レイプ、近親相姦、ホモ、レズなどです

僕は常にお寺に通ってる心構え
で通して性的誘導による劣化を目的とした
マインドコントロールにかからないようにしてります




2011-04-29(Fri)
 

電気ぶろと水風呂を交互に繰り返す。

テクノロジー犯罪は、被害者が気が付かないように
後ろの背筋などを、筋肉通、筋痛み状態とされており
それが数種類設置されてるために、意識水準が低くなってしまい
マインドコントロールにかかりやすい
奴ら、オペレ―ターの声の脅しに恐怖を感じ脅しに屈するという精神的不快の強い
ハラスメントの制圧にあってしまいます。

今日紹介したい、マインドコントロールの減衰と打ち破りいよる意識の水準の回復法ですが

電気ぶろと、水風呂をを無理なく交互に入ります
この被害は、温める事で安心、満足感をだされたり、熱さの不快で疲労感を与えられたり
冷たい現象から、精神的劣等感に類似した状況を作られます

恒常性維持機能が、奴らにコントロールされると思われます
ですから、
基本的には、熱い→冷たい→熱い
を繰り返すだけでも、恒常性維持機能が回復しますから
マインドコントロールに使用されてるハラスメントの拷問の種類が消えるわけです

特に、電気ぶろ。 強めの電気ぶろに入って
痛められてる、筋違いにされてる筋肉部分にあてると
それが強度の電気刺激によって取れて
楽になれます。それだけで意識水準の回復がはかれる
マインドコントロールがとけるわけです。

特にお勧めのやり方ですが
筋肉弛緩剤を銭湯の直前に服用します
筋肉弛緩剤のお勧めは
ダントリウム、デパス、ミオナ―ル、テルねリンなどです

僕はその他に、ツムラの1番葛根湯、ツムラの68番 芍薬甘草なども
追加で服用します
筋肉組織を傷めつけて、硬直させることで
意識水準を低める事が
マインドコントロールにつながっている
筋肉組織の介入が、奴らのマインドコントロールの基礎工事でもあるのです。
筋肉が柔らかくなった状態での、
電気ぶろに入ると
無理な状態で硬直された筋肉が元に戻り
意識水準が回復し、マインドコントロールが解けます。

まとめると
筋弛緩剤の多種服用してから→ふんだんの塩で身体を顔、耳、尻などを洗い落とします
電気ぶろ→水風呂に交互に入ります。
これをするだけで
意識水準を低くされたところが回復する事が出来るのです。

僕の場合のマインドコントロールの打破テクニックですが、
上記に足して
まずは、ジルコニウムを身につけての入りますふんだんの
塩で顔、身体、足、耳、尻を洗いま。さっぱりするはずです
(さっぱりしないようにマインドコントロールで感覚を麻痺されても仕方ありません)
その後、電気ぶろ→水風呂に交互に入ります
熱いお湯に入ると、
真夏の外を歩いてるような疲労感を演出され
お湯に入ってる満足感を与えないように
嫌がらせの」ハラスメントで制圧してきます

小技ですが、布。
ぬれた布のタオルに塩をつけて身体に巻いてみてください
すると、奴ら、加害者らがハラスメントでする暑さのハラスメントが
休憩したような減衰状態となります。
布製品がハラスメントの為の要因になってるようです

被害者は、恒常性維持機能がマヒされてるケースが多いと思われます
ですから
熱い、冷たいの交互を繰り返すだけでも
医学的に恒常性維持機能の回復につながると思います

さらに、このテクニックにプラスして
銭湯からあがったら、
キシロカインゼリーを
身体、頭脳へ ラップにつけて
布テープで固定して寝ます
翌朝、げっそりと意識水準の回復と
マインドコントロールの脱却が出来てる事に気がつきます

顔つきさえ変わります

まとめますと
ジルコニウムを身につけて身体のバリア状態にして
筋肉弛緩剤を数種類服用する。
銭湯に入り
まずは塩で顔、足、耳、尻、身体全部ふんだんに使用する
その後
強めの電気ぶろで
身体、特に背筋や、自分が過去スポーツをしてた筋肉を
使ってたところにあてる
最初は痛くてたまりませんが、、それは

ハラスメントにされてるために少し我慢すると
楽になり取れます。
お湯が熱くなると、まるで暑い夏のような疲労感を出され
熱さの心地良さの満足を出せないようにされ
不快になり熱さに我慢できなくなります
その時は、水風呂に入ります
テクノロジーによってまひ状態の
恒常性維持機能の回復も出来ます

電気ぶろ→水風呂は 僕の場合たっぷり2時間入ります
恒常性維持機能の回復と活性は
サウナ→水風呂でもいいかもしれません

そしてから、最後に塩で身体、顔お洗い流して銭湯は終了です

その後、さらに高い減衰をしたければ
キシロカインゼリーを特に身体攻撃が酷い個所に
ラップで固定して布テープで巻いて就寝します

翌朝、かなり楽になってると思います
2011-04-29(Fri)
 

マインドコントロール打破、緩和 テクニック

様々なタイミングのやり方で 緩和打破法ができると思います

僕が納得し、確信するまでにブログに載せてる3倍以上は
やつらのマインドコントロールによって
惑わせと誘導による失敗が多数ありました。

やっと自信のあるテロ被災法を、学習しておりおます

時間がないので後々また書きたいと思います

その一つのマインドコントロールの打破テクニックとして

仕事など出かける、切り替わるときに
シャワーで塩をふんだんに使用し身体を洗うことです。
耳、足あたまを特に。
通勤途中は絶対に飲食しないこと
口に塩など含んでみながらの通勤をしてください
無事に会社に着くと、劣化させる気分の切り替えのマインドコントロールの更新失敗がおこり
意識水準の回復などが起こります

2011-04-27(Wed)
 

生体情報を取られないために 高度な生体情報キャッチシステム

そもそもどうやって、被害者を特定しているのでしょうか。
隣合わせた人には影響なく、被害者本人に寸分くるいもなく

これは、高度な生体情報キャッチシステムがやつらに存在し
それを使用した悪用法だと僕は自覚しています。
NEC_0190.jpg

地面自体が、もはや加害者組織のフィールドでありあす
地面とつながってるだけでです<飛行機内でもアクセスはされますが減弱します)

やつらは、被害者の変わりいく生体情報を常に更新し続けなければなりません
高度ゆえに、ズレがおこるとアクセスできなくなってくるのです
特に、声による恐喝、猥褻な脅しを受け続けてる人には被災法として有効であるといっておきます

NPOでは、リサイクラーにおしっこをしつづけ稼動し続けただけでマインドコントロールの減衰が起きた
と言ってた方がいました。
いかにおしっこが加害者の生体情報の更新にかかわっているかです

写真は、僕はおしっこに塩を足し、酸(クエン酸、酢)を混ぜたものに排泄し
土に埋めます。
水に混ぜないほうがよく、水などに排泄して薄くなったほうが逆に
生体情報を取りやすいようです
おしっこは、生体情報の宝庫です
卵を食べると、蛋白がふえたり すっぱいものを食べるとPHも違います
これにより、僕の弱アルカリのおしったこは
酸によって、かわり生体情報が取れなくなり
やつらの声による脅し、恐喝による意識水準を下げる声が
頭からの僕の生体信号とズレがおき
僕の頭の外で声を出してるような状況が作られていきます、

排尿の対策によって生体情報更新の失敗によるものと思われます
特にこの処置をしておしっこをしたあとに
タウリンなどのドリンクを飲み生体情報がかわるとアクセスのずれが大きくなります
絶対に敵に情報を与えてはないりません
対 生態情報対策の黒酢

被害者は健康食品を、とっても意味の無いもののようにマインドコントロールされ
誘導されます、食べたほうが体の調子が悪いと自覚させるようにしてきます
それは、やつらいとってっ健康食品は生体情報取得に非常に邪魔になるからです
いろいろな、健康食品を生体情報が取られにくいように
取ろうと心がけています。


においけし 対生態情報の元
また臭い、体臭も被害者情報を取得するための大きな要因になってるようです。
どの消臭剤が効果がいいのかはわかりませんが
ペットの消臭、有機キレート剤に目が行き購入しました。

においけしは特に、やつらは足もと
靴を重点を置いていますから、靴のこまめな臭いけしをお勧めします

入浴についても
被害にあうと、入浴の満足感はだせないようコントロールされ
入浴嫌いにされ、シャワーなど簡単なもので済ますようにされると思います
それは、、被害者の油や体臭が消えないようにするための
常套手段とも考えられます
足を綺麗にすること、耳周り、陰部などを特に念入りに綺麗に洗うことを
お勧めいたします
ふんだんの塩  20キロ980円
また、入浴にシャワーでもふんだんな塩を使って体の隅々を洗うことを
お勧めします。
20キロ980円の塩で僕は、被災に様々な場面で使用しています
やつらの、見えない不思議なテクノロジーの弱点は塩が弱点ではあります
こまめに、ただ棚、枕元におくだけなど何の効果も意味もありません。

整腸剤
被害者の方で、整腸剤をとり乳酸菌によってテクノロジーマインドコントロールが減衰したという方がいました
電磁波を使った犯罪に、どうして整腸剤など関係ないだろうと僕は思っていましたが
生体情報キャッチシステムであることから
整腸剤は大きくかかわってることであると僕は考えています。

ドラックストアの1000円以上もする整腸剤よりも病院で処方してもらえる
整腸剤のほうが、信頼もありますし安いですし
お勧めします。
整腸剤を服用してから、まだ1週間たっていませんが
何かしらの僕の生体情報が取れないようで、ハラスメントの制圧に
敵は混乱があるようです



2011-04-24(Sun)
 

山林でキャンプ生活 対テクノロジーの被災方法

自宅は、マインドコントロールするための制圧するための
配置が被害者の電化製品を通じてさてていることに気がつきました。
特に、同じ建物で、睡眠をとり、排泄をする、食事などで満足をするなどが続くだけで
マインドコントロールの為の的の目的がどんどん進んでいきます

敵の目的は、被害者の自我、自分自身をすべて忘れさせ、変えることにあります
ほとんどの方は劣化するように仕向けられます
自分に自身があったところ、好きな食べ物、心構えとしての自分の持ち方
好きだった人など
自分を支えていたものはすべて破壊されてしまうのです
人間の中身を殺害するようなことをしてきます

本題と外れましたが、自宅で睡眠することは、睡眠行為が
マインドコントロールの為の生体情報更新にかかわってるようであり
睡眠した場所を根源として
ハラスメントの制圧をするようでもあります
僕が、自宅の外で寝てる理由は、自宅はあらゆるマインドコントロールの為の
配置がされてることに気がつき、どのような被害被災対策をしても
お金がおっつかないことに気がつきました。
ですから、食べる、睡眠は車の中でしています
ランプ
車内でキャンプで使ってるランプ
電化製品のしようはできるだけさけてすごします

振動波(地上から来る波)が重要な手がかりになっていると僕は確信しています
振動波を意識してから、睡眠をとるだけで
意識水準の回復マインドコントロールにかかりにくさなど
様々なメリットがあります
車が乗り上げてるのは
御影石です、振動波からくる共鳴状態をされてると僕は考えており
御影石を車に乗り上げて中ですごすと
安心して、中ですごすことができます
被害は減衰し、意識の持ち方も異なり
一安心できる空間を作ることが可能です
御影石は振動波の共振を防護するインシュレーターとして使われ
リーズナブルにホームセンター手に入れやすい物です
御影石の車2


御影石の上の車

最近は、御影石の下に鉛も敷いています
だいぶ、振動波から来るアクセスが減衰して、すごしやすい空間が生じます
もちろん、皆さんもごぞんじのとおり
やつらは、まるで被害被災法は意味の無いもの
感じさせないようにしてくるマインドコンロールをしかけてきます

僕が被害被災法に高価がある、ない
は意識水準の回復、ハラスメントの減衰、などから考えています
測定するものなどありませんから

また、科学的根拠科学的根拠とこんをつめずに被害被災法を試してみてほしいと思います
科学根拠は絶対に必要ですが、
細かい部分がきになる、考え、悩み続けるように誘導するのもやつらの手法の一つですから
2011-04-24(Sun)
 

ジルコニウム(レアメタルを身につけること)

僕が被害者の方にぜったにお勧めなのがまずは
ジルコニウムというレアメタル
商品名は、ネボドンバイオコレクター またはアンティフォンです。
ネットショップ本格屋などで売ってるものです
テクノロジーのマインドコントロールの制圧にあってしまうと
被害にあってるのかどうかさえわからないように
自分を把握する、あたりの様子を伺うなどの意識水準を下げられると思います
何をされているのかさっぱるわからず、考える事さえできないと思いますが
このジルコニウムは、体内に電磁波のバリアを作り出し
生態のリズムを整える力があるようです。
これをつけてるのとつけていないのでは、被害は僕は大きく違うと思います
自分が何をされているのか、さえわからないものが
何をされているのかわかるようになったり
ハラスメント、勘違いさせるなどある種のマインドコントロールもかかりにくくなります
敵が仕掛けてきたマインドコントロールの勘違いしにくくなるのではないのでしょうか。
その他にこれは、いろいろとメリットがあると思います
テクノロジーの生態への介入に大きく抵抗力をもつと思います。
僕は4つつけています
経済的余裕があるならば、被害者のみなへ配りたいほどです
NEC_0207.jpg
1つ1万2千くらいして高価ですが、なんとかみにつけて欲しいと考えています
どんな精神力や頭脳の持ち主でも
勘違い思い違いにさせるほどのものですが
これがあるだけでマインドコントロールの制圧下での
意識水準の持ちはぜんぜん違います
2011-04-23(Sat)
 

被害対策法 はじめに

いろいろな被害の対策法を誰でも少しはやってるのではないでしょうか。
しかしながら、被害者の方は世間常識からくる
頭のおかしい、精神病であると自意識の過剰に
なり、深くは追求できませんし、
ターゲットの家族も被害者の言語、被害の方法を敏感に感じ取る
家族も冷静な判断分析できなくなり
過剰に関与、介入してくるようになり心配され
立場がターゲット<<家族のように
家族に逆らえないように家族ごとマインドコントロールされ
ターゲットの被害者は精神病に連れて行かれるように誘導追い込まれてしまいます

部屋に塩水をおく、炭をおくなどアルミをかぶってみるなど
自分の行為が現実に戻って考えると
頭のオカシイ人間のすることに思われてしまいます。

しかし、僕はそうは思わず、かならず何かしら方法があるとめげずに追求し続けました。
マインドコントロールから逃げるには、どこに逃げても関係ありませんし
目に見えませんし、まったく(ほとんど)手がかりがありません
下手なことをすれば家族に異常行動に見え、精神病を疑われる
また、親が過剰に異常行動に反応するよう親まで誘導されたりもします

そんなことがあって、何をやっても意味がない。これは電磁波であって
または、現実に知られてる科学的根拠がレーダー、衛星などしかない
と言い張ります。

また被害対策をしても、効いてるのか効いてないのか
絶対に頭で理解しないようにマインドコントロールしては
関係のないこだわりに注目させ、負けたふりをされ
まったく意味のない行動をとらされたりも何度もありました
無駄な買い物を被害対策法に多くをついやしました

何をやっても逃げれない、意味がない
僕はそうは思わす、現実科学にない
不思議なテクノロジーのシステムが隠蔽され使用されてることを
思いながら、マインドコントロールとハラスメントで制圧されながらも
直感力などに頼ったりもし
被害方法を知ると自負しています
この自身がつくまでは、やつらのコントロール
によって自信がつく被災法の、その何倍もの失敗とだまされたことに気がつきながらも
コントロールを受けながらも確信してきたしだいです

マインドコントロールの介入ができなくなると
奴らは、加害者らは
下手での言葉しか出すことができません
「殺す、自殺しろ」「いばくぞ」上から目線の奴隷状態の位置関係のような形で
精神的不快の罵声を浴び続けられてたのが、

「もう勘弁しろよ」「俺たち、これがばれたら終わりだ、クビになる」
「ブログは書くな、こんな事(被害対策)まねされたら、
かならず大捜索されておしまいになるから」「お前は助かるからもうやるな」など
チマチマしたハラスメントの嫌がらせのマインドコントロールを受けながらも
こういった言葉を受けています
言葉の介入の接点すら
ズレるようになってきています。
以前のように、僕の頭の中に脳に語りかけるようなことはできなくなってきていますし
強力な安定もされなくなり、作業効率やること、できること、仕事量も多くこなせるようになってきました

僕のテクノロジー犯罪被害の対策法が
一見、マインドコントロールでそのようにされてるのでは?と思う場合もあるでしょうが
どうか、頭をオカシイと思わず、何も今のところ確かな根拠がないのですから
仮説的に僕の被害対策法があたってるのかもしれないと思っていただけたらと思います

このテクノロジー犯罪の科学は、たとえるならば
宇宙人の侵略のテクノロジーです。
精神病のレッテルを恐れず、
こうしたら、被害が軽減した、意識介入が減った、意識水準の高さが取り戻った
身体攻撃が減ったなど話し合い
そのことから、この科学の根拠をたしかめあう事が
大事であり、普通のことだと思います
被害者はそのような常識も、考えることもできないように
頭を制圧されているのです

このテクノロジー犯罪の被害対策法は、被害者同士
なぜか共感、共有できずにいます
マインドコントロールでそのようにされてしまいますし
そのような意識水準は出ないように制圧されてしまいます

今2011.4.20現在進行形で
被害対策を毎日考えています。
以前と比べ本当に生きやすいまでに被害は減衰ができています
被害対策をしなければ、10年でも
拷問のような一秒一秒の刹那で虐待され続けられてたと思います

僕を自殺させるのがやつらの目的でもありました
自殺はしないといいう抵抗感の跳ね返す
生命力の根源さえもテクノロジーで奪われ消されました
あらゆる満足感が少しも脳に流れず、与えられないようにされ
なにもしなくても苦しく深いであり緩和もない。
呼吸すら拷問にされ
満足度を少しでも息継ぎするように自慰行為をして
少しの満足感を得るなど 凄惨な著しい
脳の制圧による拷問をうけつづけました

僕の考え方ですが、「こうではなかろうか」と仮説をもって考え直観力を生かし
試してみて実行しつづけ 今の減衰に至ります。
マインドコントロールはもちろん今もありますが
以前の僕とは明らかに異なります
「お前のような(被害者)奴はぜったにいない」とよく
加害者らに言われます

僕の願いは、もちろんテクノロジー犯罪の行い、撲滅、壊滅で
早急に警察、国が動いて対処してほしい、多くの被害者の救済です。

「自殺するしかない」などもらした被害者の方もよく知っていますし
精神病にレッテル貼られ追い込まれた方も数多くいますし
失業など経済的打撃が大きく離婚、人間関係が壊れ
深刻に人生が大きく狂った方も多いと思います

ですが、僕は有効な被害対策をして
健全な意識水準を取りもどし、生活、精神、身体の健全さを
少しでも回復してから
訴える活動をするべきであると思います。
また、被害の被災法から納得することによって
このテクノロジー犯罪、ハラスメントで脳を制圧する科学の根源がわかってくると思われます

僕の書いてる被害対策法は、疑問視してしまう方もいると思いますが
有効な被害対策法は誰も書いてませんし編み出してる方は数人いるかいないかです。
僕は、自分の被害の対策法にちょっと自身があります。
やり方は、大胆で大変ではありますが
身体の健全、意識水準の回復、マインコントロール制圧の減弱が僕の場合ありました
ぜひ、参考にしていただきたいこと
興味があるのであれば、生命、尊厳がかかわっているのですから全力でお手伝いいたします


僕の仕事場の様子です

NEC_0110.jpg
2011-04-23(Sat)
 

高度な生体情報キャッチシステムの弱点。高感度ゆえの弱点

レーダーを使用してる、電磁波、衛星から来てるなど、いろいろな見解がありますが、測定できた、核心を得れた情報は一度もありません。

この不思議なテクノロジー犯罪に使用してる技術は、高度な生体情報キャッチシステムを使用して
被害者を追いつめ、ハラスメントを24時間し続けるという制圧テロとマインドコントロールを行っています。

そもそも、どうやって被害者を人間を個人特定してるのでしょうか?

人間は、常に食べ物や環境、スポーツなどをして体内情報が
常に変わっていきます。1年もすれば60兆の細胞が全部、生え変わります

僕は、ある行為をしてから加害者が、とてもこだわっていた事に気がつき
マインドコントロールの減衰と打破法を理解しました。
それは、加害者ら<警察関連組織と思われる>
やつらは、おしっこの排泄物に非常にこだわりを持っています。
たぶん、マインドコントロール時、おしっこをするとき
加害者らがいつも、何かしら用意をする準備の映像が見えたりすることの経験がある方多いと思います。

おしっこ、便などから 人間<被害者>の生体情報を分析し
被害者であるターゲット情報を更新してることがわかりました。

ですから、加害者らは被害者の食べ物の好物を<生体情報を取りやすいようにするために>
一定に保つ為に
好きなものばかりを食べさせようとしたりします
特に、肉類を被害者に特定しやすいように
食べさせようとマインドコントロールしてくると思われます。
または、食欲を減衰させ食べさせないようにして
生体情報が変わりにくくすると思われます。
そこまでしても、そこまでするほど
食べ物で、生体情報が変わりやすく
加害者らのマインドコントロールの更新に大きくかかわっれるのだと思われます

おしっこ、便など<生体情報を>絶対に加害者らに情報提供してはなりません。
僕は毎回おしっこをするたびに
塩を入れた瓶におしっこをし、土中に穴を掘り
すぐに捨てて埋めます。
それだけで、加害者らは被害者の生体情報の取得
更新に失敗してしまうのです。
特にその後、昨日食べたものとは違うものを食べたりすると
それだけで加害者らは、違う生体情報の被害者に
アクセスしにくい
ハラスメントする設置がしにくくなってしまうのです。
それが、日がたてばたつほど
加害者らはあせり混乱してきます

以前被害者の方で、腸内細菌をよくすると
テクノロジー犯罪が減衰すると見たことがありましたが
それが、よくわかった、理解できたと思いました。
加害者らが、誘導したい肉類は腸内細菌が悪くなりやすいものです
そのほうが、被害者の生体情報を特定しやすいのです。

加害者らは、おしっこ、便に非常にこだわっています
また、性的誘導のある被害者の方ですと、精液なども痕跡
加害者らのハラスメントの為のアクセス要因になるはずですから
すぐに酸<酢>などかけたりし
敵情報を絶対に教えてはなりません。

高感度な生体情報キャッチシステムの正体は
被害者の様々な情報を分析し
すぐに取得して、ターゲットとしての更新をするのです

ですから遠隔からも特定できるのだと思います。

健康食品など様々なものがありますが、加害者らに不都合な食べ物などは
どれも効果が無い、かえって具合悪くなるなどの
マインドコントロールを受けると思われます。

僕の場合ですと、グレープフルーツ、海藻類などを嫌いにさせられ、
肉類を大好きにするように誘導されました。
それは、加害者らの勝手な都合。マインドコントロールの為の
生体情報を取得し更新しやすいためにするのです。

毎回おしっこを、塩で濃くして捨てますと
<特に注意は、できるだけ土に埋めることです>
水洗など水があると、かえって分析しやすいようです。
また、見えない不思議なテクノロジー技術は
間違いなく、地面波であります。<振動波を意識していただくと
このテクノロジー犯罪のハラスメント制圧から逃げれるヒントとなると思われます

高感度な生体情報キャッチシステムの為に
少しでも被害者の人間の生体バランスが食べ物などでおかしくなると
アクセスが難しくなってくるようです。
ですから、おしっこを取ること、おしっこの情報を得ることが
加害者らにはいかに重要か、おしっこの情報を得て
ターゲットの生体情報の更新をすることが大事であるか伺えます。

昨日、試してみたこと


健康食品、黒酢グレープフルーツなどを
おしっこ情報を与えずに食べますと
マインドコントロールのアクセスがだいぶ狂いはじめたことがわかります。
また重要ですが
建物でしてしまうと、建物のトイレでおしっこの生体情報を取られてしまうと
その建物でのハラスメントの制圧の攻撃がされやすく始まってしまいます。

ですから、被害者の方は仕事場などの建物で
おしっこをし情報を与えてはならないと思います

また、加害者らの不思議なテクノロジー技術は
マインドコントロール制圧から打破するには
おしっこ<生体情報>だけを教えてない
だけではなく
様々な努力が必要です。
ジルコニウムなどのレアメタルですが
これを僕は身体に4つつけています。これも非常に
制圧テロからの生存に助かってる要因なっています。

また、加害者らの目的のマインドコントロール制圧ですが
歯の強制のように被害者の骨格をどんどん変えていくのだと考えられます

NPOの菊池さんのHPでは
骨格を変えられ頭がとんがったレントゲン写真があったのを覚えています。

被害者の方は、いつも疲労感などある方多くないでしょうか?
運動状態をしてるかのようにされ続けられていると思われます。
首筋、太いように、また猫背のようになってないでしょうか?
昔、こんなところ背骨がとんがっていたのか?
と思うところなかったでしょうか?
これらは、筋肉を硬直させて、歯の矯正にのように
被害者の骨格を変え
被害者の正常な満足感、思考、人間性を劣化し変える事が目的だと思われます。

僕は運よくも薬剤師をやっていますので
筋肉弛緩剤を多数併用し
マインドコントロール制圧のテロの
人間改造からも脱出できています
<興味ある方、安く手に入れる方法がありますので1錠あたり6円くらいからあります。僕にお知らせください。教えます>

また、僕は現在、上記の他にも
振動波、地面波を意識した対策、マインドコントロール制圧下におかれてる自宅には
すまないように<というよりもすめないまでになっています。>しています
車で寝泊りしており、
食、寝る、性、努力、遊ぶ など様ざまな行為が
被害者の不都合な状況で固定化、一時停止状態のように固定化されてしまいます

食べても満足しない、眠れないなど起こってしまいます。
ですから外で、キャンプして、上記の満足行為を
被害者がされるとそれだけでも、加害者らは困り果ててきます。

地面波を意識して、車で寝泊りするときは
御影石などのインシュレーター、鉛などを地面にしいて
車を乗り上げます、
そして、電化製品が電気があるモノが
ハラスメントの介入につながるために
車のバッテリーをはずします。そうやって
地面波からの介入を減らし、
その車で食べ、眠ります
睡眠に関しては特に、おしっこの生体情報を与えないようにして
御影石に乗り上げた車の
上で寝るとぐっすり満足して眠ることができます
食べ物に関しては、筋肉弛緩剤などを服用して
食べてもの満足しない、矯正システムの配置を打破しなければならないと思います

こういった事をしつづけてやっと
テクノロジーハラスメント制圧のテロを緩和できるまでにマインドコントロールの打破までになれると思います。
努力、そして資金のサバイバル感覚も必要だと思います。

自宅の建物は被害者の情報を得るために
不思議な見えない生体情報キャッチシステムの
装置が外に配置されてるはずです。
被害者の過去の情報、特に衣類、枕などは
酢と塩水につけておくことをお勧めします。
それだけで、ハラスメント制圧のテロの種類が限られる減っていくと思われます

この高度な生体情報キャッチシステム使用のテロから
逃げるには上記のような読了などが
僕の場合、上記全部ですが
やっとでアクセスから逃げれるようになってきた
マインドコントロールが打破できてきたと思っています。

家の中に塩水をおくとか磁石をおくとか
そんな程度では逃げることは不可能ですし
電磁波を意識し、数万円もする電磁はを意識した
防護服を身に着けても
ぜったに意味、ありません!!


現在に知られている科学技術は、あまり意味無いかもしれません
特にかく、地上波、振動波からの共鳴が加害者らに大事であると思われます。
2011-04-11(Mon)
 

高度な生体情報キャッチシステム 不思議なテクノロジー犯罪システムの弱点

毎日のテクノロジー犯罪とマインドコントロールの加害者オペレーター
そして、コントローラーら、からハラスメント制圧のテロを受けています。
以前は、「助けて」すらもいえない
やっと、「助けて」と言えたブログを書けてたころはかなり良くなってた方でした。

テクノロジーのハラスメント制圧の被害対策を多数行い、いろいろなことをわかったこと弱点を書きたいと思います。
僕ほど、テクノロジー犯罪のハラスメント制圧テロ対策を行なった人はいないかもしれません。

題のとおり、テクノロジー犯罪に使われるシステムは非常に高度な生体情報キャッチシステムで
不思議な世界像が背景にあります。
被害者の方はわかると思いますが、加害者らオペレーター達は、被害者のことを何でも知っています

被害者の方は、どこにも逃げれず、いったいどこから来ているのか?衛星に違いない、レーダーを使用してるなど
様々な見解がありますが、どれも核心も得られないし、計測もできません。

世間に隠れた、高度な生体情報キャッチシステムがあること、核心を得れる世間を納得させる
計測器具などはたぶん無いことを書きたいと思います。

おしっこがマインドコントロールに大きくかかわり、加害者らはこだわっています

加害者ら、オペレーター達は、被害者のおしっこから、生体情報を得ます。間違いないと思います。
ですから、ある建物に被害者が入ると、被害者がそこに通うという心の根底がわかると
かならず加害者らは
被害者におしっこをさせる誘導をしてきます。
そうすれば、マインドコントロールが進み、ハラスメント制圧を受けてしまいます。

毎回、おしっこに塩を入れてください


マインドコントロールの被害者の満足度、人間性の劣化させる改造目的の制圧の
それを防ぐ為には、おしっこに塩をかけてしまい、生体情報を絶対に提供しないようにしてください
おしっこは食べ物などによって色や泡などその体調によって大きく変わります。
加害者らは、そこから被害者の生体情報をキャッチします。

おしっこに関して、被害者の方で 生ごみのリサイクルにおしっこをいれて稼動させると
被害が軽減したという方もいました。
そこからも、おしっこは、加害者らテクノロジー犯罪マインドコントロールテロに
大きくかかわっています。
おしっこをするたびに塩を入れるのはちょっと大変でしょうが、20キロ980円で
ホームセンターに売っています。20グラムくらいづつ使用すれば1000回は使えますし
被害やマインドコントロールも進みにくくなります。

また、このテクノロジー犯罪のテロは地面波から来てると僕は確信しています。

家の外に塩20キロ程度埋めてみました。
被害者の家がマインドコントロール屋敷化されてるのは
被害者のことを何でも知ってるのは過去の事なんでも。
被害者の家の建物の外から
見えない不思議なシステムを使用してアクセス侵入しています。
ですから、何をやってもテクノロジー犯罪は防げた方はいません。

高度な生体情報キャッチシステムですから、生体にかかわる
塩がやはり大きな弱点です。
その使い方ですが、見えない不思議なハラスメントの為のアクセスの見えない不思議な物体を
地面に配置しています。壁などにはかけることができません
それらは塩に弱いので土にふんだんな塩を
まき、土になじませると、加害者らの見えないハラスメントの不思議な物体は配置することができなくなります
テクノロジー犯罪が軽減すると思います

また、被害者の方は掃除が苦手になり、へやのものモノがばらばらに整理整頓できなくなる誘導を受けると思います。
ですから、コンパクト化、生存するだけのシンプルにしておき
塩水、などで自宅の部屋をスプレーし、掃除をしてほしいと思います
特に、壁ではなく、ハラスメントの為の見えない不思議な物体は
座標のように上から配置するために、
壁にかけることができません。
ですから、水平な部分を中心に、こまめに塩水でスプレーし
掃除するだけでハラスメントは、スッとすくなくなると思います。
自宅の外の建物の地面がやはり一番ハラスメントの為のものが
座標のように配置されてるので、多数の塩をおき土になじませると良いと思います。

この犯罪は、警察関連機構で間違いないと思います。まったく新しい概念のテクノロジーが使われていると思われます。

地面からやはり加害者らはアクセスすること、
あと、ジルコニウムというものがあります
マインドコントロールをされると、「助けて」すらいえませんが是を身に着けてるだけで
かなり自分の生体エネルギーがバリアのようになり
自分の意思を持つことができます
僕は4つ身に着けていますし、加害者らは、「その
ペンダントのせいで。。」などと困り果てています。
2011-04-10(Sun)
 

テクノロジー犯罪の弱点について 生体に近い 塩の配置法 設置されてる 見えない何かを打破

テクノロジー犯罪の弱点について書きたいと思います。加害者らの(警察関連機構と思われる)
不思議なテクノロジー犯罪、マインドコントロールの弱点をまた書きたいと思います。

今日行った、犯罪テロ被害対策では、ホームセンターで塩 20キロ(980円)相当を買い
自宅の土壌に刷り込みました。
加害者ら(警察関連機構と思われる)の不思議なテクノロジーの介入法は、
被害者の自宅の家の外から
見えない、生体に近い何かを配置、設置してることが感じられました。

僕が、逃げるどこにでも、加害者ら(警察関連機構)は
僕の寝る、車や宿、どこにでも着いて来ては、
僕のそばに何かを配置してる様子が伺えていました。

そのことから、塩を自分の家の建物の土壌に埋め刷り込みました。
以前からも、海水などが加害者らのテクノロジー犯罪テロに影響があったことは
わかっておりました。

20キロ、ふんだんに土壌に刷り込みますと、やはり加害者らは
大慌てしました。
塩が被害者の生体に関与するものに、自宅に設置されてる見えない
何かは、塩に非常に弱いことがわかりました。
家の中においても駄目です。

自宅の外が、有効であります。
20キロ分であるので、そう簡単に
土壌に溶け込まないはずです。
NEC_01676.jpg

木が枯れてしまう。などと被害者に安易な発想を思わされると思いますが
この悪逆なテロには、木が枯れるなど悠長なことは言ってられません。

危機感すら被害者には持たされませんが、僕はマインドコントロールが
取れてきていますので、僕を自殺誘導し殺害をたくらむ事に
危機感を持って対処できています。

トイレ、排尿について重要なファクター
加害者らは、被害者の情報を得るために、確認するために
おしっこに非常にこだわりを持っています。
被害者の生体情報を確認したくて、おしっこを
強制的に出させられます。

自宅が強烈なマインドコントロールの制圧をされることに
僕は、車で寝泊りしています。
そして、もちろん加害者らは関与してきます。どこにでも付いてきます。
そして、山のそこで寝泊りを決定しようとすると
おしっこを無理やりにさせてきます。
おしっこをしたその現場から、生体情報を得たその場から
加害者らはアクセスし、ハラスメントの設置を
被害者に行うことがわかりました。
ですから、おしっこをするときは、寝泊まりするところから離れたところで
おしっこをするようい心がけています、
寝泊まりするところから、だいぶ離れたところでおしっこ(生体情報)を
したほうがいいと思われます。

被害対策に、こだわっている僕ほど、テクノロジー犯罪の逃げ方
被害の軽減法を知ってる人はいないのではないかと思います。

加害者らは、僕にけっしておちくかせよう
などしないようにしています。
僕の逃げ方が、打破法がもしも
被害者らに共感されたら、加害者らは(警察関連機構と思われる)組織は
悪質テロ犯罪とみなされ
死刑など思い刑罰になることは間違いないからです。

被害者の方は、一番目に、危機感すらもたせれないよう
強い、強烈なマインドコントロールの心、精神の安定をされるはずです。

なんとか、この高度な強烈なマインドコントロールの制圧から逃げ
逃げ方、打破法をマスターし被害者に早く伝授したいと考えています。

疑問点などありましたら
僕に気軽にコメントメールくださいませ。

テクノロジー犯罪のテロはけっして
精神病などではありません。
隠れた高度な。生体に関与できるシステムが
加害者ら(警察関連機構と思われる)
鬼畜なやつらに備わっています。
2011-04-09(Sat)
 

 自宅建物はマインドコントロールの屋敷にされている

テクノロジー犯罪マインドコントロールの拷問のテロ行為にあう被害者の自宅は
一見、何も変わった様子はありませんが、
完全にマインドコントロールの為の屋敷化されてると思われます。
特に、自宅での満足行為は慎むべきです。
食べる、寝る、遊ぶ、性いついて、
自宅でのマインドコントロール下において満足すると
そのたびに被害者は、改造されるかのように変わり果てていきます。
人間性を奪われる、出ないようにされ、本来の満足感を失われる
マインドコントロールの改造の拷問に合うはずです
ですから、被害者の嗜好品などもどんどん変わると思われます。

犯罪者としての意識を持ってほしいためにも
性的誘導でよくあるのは、ホモだの、近親相姦だの幼児だの
健全から外れた性的誘導があるはずです
できるかぎり避けないといけません。健全な精神が出ないように
されてしまいます、

満足固定について
ある満足してる状態において被害者は意識を満足に集中しています
そこを見計らって加害者は固定してしまうのです。
すると被害者は、その満足感のエネルギーが固定され
健康な精神の生の笑めるぎーが出せなくなってしまいます。
そうやって被害者の満足感を変えていきます

2011-04-06(Wed)
 

マインドコントロールのアクセス方法からの退避 

加害者のアクセス方法を書きたいと思います。毎日マインドコントロールに24時間夢の中までもマインドコントロールされながらも被害対策、被害回避法を考え出し続けたことを書きたいと思います。

まず、地面からくる振動波これがテクノロジー加害者らのアクセス方法です。
もしかしたら、全世界にアクセスするためにあらゆる地面に振動波が届くよう設置してるのかもしれません。

振動波だけを意識してもだめで、携帯電話、電化製品など高周波を発生するものがあっても加害者らはアクセスしてくることが可能です。

ですから、電化製品を使わず地面波を防ぐことができれば、加害者からのマインドコントロールアクセスは
かなり軽減し、軽減できました。

僕は現在テクノロジー犯罪マインドコントロールから退避するために
電柱の無い、届かない山の中。
そして地面からくる振動波を防ぐ為に、鉛(釣具屋で売ってるスパイク35号700円)×2コ
そして振動波のインシュレーターとして使われる御影石(ホームセンターで400円のもの)4つ
を買い
高周波の届きにくい山の奥にいき、振動波を防ぐために
車を鉛と御影石で乗り上げて
車の中で寝泊りしています。

自宅は高周波だらけ、電化製品だらけですので、加害者のマインドコントロールからは逃れられません

このすごし方の感想として、特に酷いテクノロジー被害者の方にはお勧めします

被害者へのアクセスがかなりしにくくなります。 

御影石と鉛の上に乗り上げた車は、バッテリーはずすこと。内装のあかりのランプもはずしてください

山の中暗いですから、キャンプ用ガスランプ。あとは寒いので、反射ストーブなど車の中に持ち込んでいます
もちろん
換気と、火の取り扱いには十分に気をつけなければなりません。

命の危険もありますから、このような方法はやむ得ないでしょう。

酷いマインドコントロールから逃れるにはお勧めいたします。

逃げ方、退避の仕方
まとめますと
釣具やで スパイク(鉛)を16個購入(2つで1400円)
御影石 不恰好な正方形のもの 4つ (4つで1600円くらい)
車の中ですごすために
寝袋か、毛布 懐中電灯
できればキャンプ用ランプ 寒いので 反射ストーブなど
なければ毛布など厚着すること

ペンチ 車のバッテリーをはずすために(100円ショップで100円)

それらを用意し
電信柱のない 車で山の中にはいり 電信柱の高周波の届きそうにない丁度いいあたり
(1キロくらい離れる)で
鉛スパイイクを敷いてその上に御影石を乗せます
車を乗り上げます。
乗り上げやすいように、レンガも4つくらい買っておいてください。

乗り上げましたら、車のバッテリーをはずし、内装のランプもはずします
携帯電話などは必ずバッテリーからはずしてください

そうして車の(簡易キャンプ)ですごせば
マインドコントロールも進めませんし、加害者らのアクセスもかなり減衰します
車の外で加害者の声を弱めに聞くまでに減衰できると思います。



2011-04-06(Wed)
 

加害者の目的 被害者をどうしたいのか。

加害者の目的が何なのか?皆さんに共通してるのは
餓鬼で鬼畜性でばかげた
マインドコントロールの声を脳に出されたりすることから
加害者オペレーターらの正体は、朝鮮部落だの
日本人を憎んでる、非人な人間と思われてる方が多いと思います。

僕も同じく、鬼畜性、餓鬼のようなばかげたような
それでいて、お遊び、ゲームのような
マインドコントロールのテロの制圧にあい続けています

上記は、被害者によって違うはずです。

目的は、被害者から 人間性を奪うマインドコントロールをする事にあるはずです。

ですから、被害者によって心の根底が違いますから
被害者によってマインドコントロール法が違う、(被害内容が共通しない)などある
そして、加害者側が使ってるシステムのソフトが異なるなどあると思います。
2011-04-05(Tue)
 
カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。