スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

被害者の被害内容は一致しない。

このテクノロジー犯罪被害者の被害内容は同一に一致しないことも
被害者の共通した特徴になっています。

ただし、第三者から見て、精神病と分析できるような部分については共通してる事が多いです。
脳に声が聞こえる、監視されている、思考を読まれてるなど、
統合失調症の所見と類似してる点については被害者の被害は一致しますが、
その他の点については一致しません。

このことからも加害者側の思惑が読んで取れます。
もしも、被害内容が同一に一致してしまうと、そういった被害者の訴えから
第三者による専門家もこれはおかしいな?と気がついてくれるはずです。

例えば、過去に水俣病という当時、原因不明の病気がありましたが、
被害者の症状は皆、同一に一致してたおかげで事件は明るみにされました。

テクノロジー犯罪が第三者から分析され、肯定化される要素に対して
あらゆる配慮がなされています。

第三者による分析されることを酷く意識して、この犯罪は行われ、作られています。

スポンサーサイト
2010-10-03(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

kouta666さん、コメントありがとうございます。でんでんです。

被害者全員の共通事項についてですが、電磁波照射のことをお忘れになってませんか?

この犯罪は電磁波を照射する機器により可能となっている。。。つまり、被害者はどこへ行こうとも異常な電磁波を常に浴びせ続けられている。。。これが被害者全員の共通事項のはずです。

被害の詳細は違っても、加害者が使用している技術である電磁波は共通しているはずです(思考盗聴だけの機器は、超音波を使用していると推測される会話が見受けられ、思考盗聴の被害にしか遭っていない被害者は、電磁波を照射されていない可能性もあります)。

私も、是非一度、自分や家族の体の電磁波を測定する必要があると考えています。

テスターとは、どのようなものか、教えて頂けますでしょうか?
2010-10-09 02:36 | でんでん | URL   [ 編集 ]

 

でんでんさん
訪問ありがとうございます。
そしてコメントありがとうございます。
>>電磁波照射のことをお忘れになってませんか?
そうですね。。すみません。
これも大事な共通点です。あとで
ブログの内容を修正しますね。
この被害は、詳細な部分まではっきりさせて共通の
たしかな認識をしあうのが大事だと思っています。
でんでんさんのように疑問点、矛盾点は突っ込んで
質問すべきで、それはありがたいものです。
テスターは、ホームセンターで購入したものでした。
ネットで探してるのですが、同型のものが見つからないです。。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/imanando/m-01.html
これとほぼ似たようなものを使用しました。
今後見つかればUPします
2010-10-09 02:59 | kouta666 | URL   [ 編集 ]

カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。