スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

テクノロジー犯罪世界の正体は、現実離れしすぎている

信じがたいと思いでしょうが、この犯罪は、加害者は
被害者の過去に入る事が出来ます。
いつの時代でも、入る事ができます。かなり高度な思い出機能が備わっています。
加害者は、被害者の過去に入るルールがありますが
勝手に入ってきたりします。

過去の被害者像は意識は持てませんが、加害者は意識をもって入る事が可能です。
被害者の頭に音楽などつけられると、実際の被害者の意識の中にも音楽
が聞こえてくるのです。

被害者の方は、思い出、過去を壊されたりしてる可能性が高く
そのせいで、被害に遭う前のように思いでを思う事が出来なくなってるかも知れません。

本来、被害者は「仲間にする」という為に
その高度な思い出世界に入れる為の訓練として
加害者がまとわりついてると思います。

ですから、よく加害者に「仲間にする」など言われたり
仲間になろう、というような事を言われたりすると思います。

しかしながら、加害者は仲間にする行為をするのと反して仲間にするきなど無いのです。
「仲間にする」というのはパフォーマンスなのです。

運よく、被害者でありながら仲間にするという目的を達成していくと
思考盗聴の意味がわかってきます。

それが進むと
思考する文字が頭から見えたりしてくるのです。
加害者が作った仮想の物体が、本当に被害者に影響を与えたりしてくるのです。

20年前の被害者の過去(海に行った時の思い出)に入ると
20年前の被害者がどのように思考し、思い考え、どのようなしぐさをしていたのか
被害者のそのひとじたいになる事ができるのです。

そして、その20年前気になっていた異性が、どのように思考し考えていたのかまでわかるのです。
その人に告白をしてたらうまくいってたのか?まで知る事ができます。
その異性に「好き」と言った場合どうなるのか、などわかるのです。

加害者らは、現実離れし、認知がまったくないこの世界でやりたい放題の行為をしています。

もしも、僕が加害者側の世界に入った場合、被害者を救済したいと考えています。

この現実離れした世界をすぐにでも国会に提出するべきだと思います。

加害者は、遠隔操作ではありますが
被害者に目に見えない形で、実は被害者の自宅の中に来ています。

被害者の家は、目で確認できませんが
マインドコントロールずくしになっています。

例えば、被害者のたんす、ベットなどは
過去に入る、思い出の世界に入る訓練の過程で
意味があります。それらをアルミホイールで包む事で
加害者からの攻撃システムに狂いが生じたりするのです。

テクノロジー犯罪に遭うと、家のテレビから、何もかも意味があるものになってきます。
特に鏡は重要な役割をします。

対策

海水、磁石、アルミを使用します。
あまりに被害が酷い時は
海水を水で薄めて飲用したり、熱いシャワーで身体を洗いながら
海水で身体を交互に洗ったりします。
すると被害は弱体化します。
声の被害が酷い時は、スピーカーをアルミホイールで包む
電燈に小袋に入れた海水、生理食塩水をぶら下げたりします。
電燈は、被害者の生体情報を取り込む効果があります。
生体情報に近い、海水等を電燈にぶら下げる事を強くお勧めします。

スポンサーサイト
2010-12-22(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。