スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

課題 テクノロジー犯罪被害は統合失調症では無い事を認知してもらうべき

ウィキペディアでの統合失調症の概念を見ますと
悲しい事に
テクノロジー犯罪被害の症状と思われるものが
書かれてるようなケースが最近見られます。

僕は医療の勉強会などがあるのですが
数年前での精神病の認識に、テク犯の症状が
統合失調症として見た事はありませんでした。
大きな誤解だと思います。

これらは、テクノロジー被害に遭って、家族などによって精神科受診を強要され
そのまま精神科のドクターが症状として、最近見られる
症例として認めてしまった為にあると思います。


ウィキペディア

症状

被害妄想
(他人が自分を害しようとしていると考える。
「近所の住民に嫌がらせをされる」「通行人がすれ違いざまに自分に悪口を言う」
関係妄想
(周囲の出来事を全て自分に関係付けて考える。
「○○は悪意の仄めかしだ」「自分がある行動をするたびに他人が○○をしてくる」
注察妄想
(常に誰かに見張られていると感じる。
「近隣住民が常に自分を見張っている」)
追跡妄想
(誰かに追われていると感じる。
「ストーカーの集団に追われている」

幻聴はしばしば悪言の内容を持ち、患者が「通りすがりに人に悪口を言われる」、「家の壁越しに悪口を言われる」、「周囲の人が組織的に自分を追い詰めようとしている」などと訴える例は典型的である。

また、幻味、幻嗅などは被毒妄想(他人に毒を盛られているという妄想)に結びつくことがある。

自我意識の障害

「考えが盗聴される」などという被害関係妄想につながることになる



そもそも、統合失調症の症状は
緑内障などの病気と違い、(眼圧が高い為に起こる病気)
きちんとした器質的所見がありません。
患者さんの訴えによって、
「加害者からの声が聞こえる、罵倒される」
等だけの症状だけで
統合失調症であると
簡単に決めつけられてしまいます。
脳の器質的異常などは見ないのです。

テクノロジー犯罪被害は、
決して統合失調症などではありません。
加害者という、犯罪者が
ハイテクマインドコントロール兵器を使用し
被害者を苦しめてる犯罪なのです。

最近、

ウィキペディアや他の精神関係のHPに
マインドコントロールによる
テクノロジー犯罪被害の内容が
統合失調症の症例として取り上げられてる
事が多く見られます。

被害者としては、断固否定しなければなりません。
NPOに参加していない、その何倍もの多くの被害者の方も
家族、知人に誤解され、
健常者で犯罪被害者にも関わらず
統合失調症と認定されてしまってる被害者の方が多くおり
その多くの方の為にも
テクノロジー犯罪被害の内容
を統合失調症として認めてはなりません。

スポンサーサイト
2011-01-02(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして 

新年おめでとうございます
私も当地(山口県下関)で年末年始と被害が続いています。
被害は数年以上続いていますが集スト・テクノロジー犯罪の存在を知ったのはつい最近です。
現在実態について色々勉強中です。
これまで私に行われた攻撃が偶然でなく集ストの作為的な手口と知り驚きです。
知らなければ自殺(最悪の事態)に追い込まれても不思議でない「嫌がらせ」です。

「嫌がらせ」も意図的にやっているのにブログ投稿にあるように妄想とみなされ、相談しても病気扱いされます。


まだ不勉強ですが被害からの回復のため、ご協力・情報提供お願いします。

尚、下記ツイッターで呟きを始めました。
他に被害者さんも頑張っておられるようです。

http://twitter.com/jamamuyo
2011-01-03 04:33 | jamamuyo | URL   [ 編集 ]

 

koutaさん、お久しぶりです。

精神病は統合失調症に限らず、幻聴(声が聴こえる)も統合失調症に限りません。

統合失調症の名前だけを出すのはどうかと思うのですが。。。?

電磁波犯罪の被害者の方々は、何かある度に統合失調症と言いますが、これも加害者側の思惑なのでは。。。?

加害者側に被害者を、他の精神病ではなく、統合失調症に仕立て上げようという思惑があるのでは。。。?

という気がします。

また、精神病者の社会的地位向上も必要なのではないでしょうか。。。?

社会で「頭がおかしい」と人を馬鹿にすること、誹謗中傷することが許されていること自体が、精神病者の社会的地位の低さを物語っていると思います。
2011-01-04 09:57 | でんでん | URL   [ 編集 ]

カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。