スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

マインドコントロールの為の期待感。酷い被害に遭いながら、期待感を持たせられる

マインドコントロールと言えば
僕が知ってるものは
あやしい宗教だったり、マルチ商法などあげられます。
マルチ商法など、具体的な収益の話はなく
ただ、期待感を持たせる話をしてきます。

テクノロジー犯罪による、意識への介入の前に
被害者は気がつきませんが
強い期待感を持たせる為の光線?のようなもので
管理されてるのが(特にマインドの部分の耳付近です)
わかります。
「仲間にする」「俺達がそんあことするわけがない」といった
期待の振り回しの言語が非常に多いと思います。
「仲間にする」など言われてもこっちは何とも思ってないのに
なぜか、疑問に思いながらも「これは仲間になれるシステムかもしれない」など
期待してしまいます。
しかし、全部嘘であります。

被害者の方は、まず第一に期待感の罠にハマってる事に注目していただきたいです。
強制的に、期待の心理が働く光線?のようなモノを
耳にセットされてると思います。


性的被害に遭ってる方へ

被害者の方は、性に関して被害に遭ってる方が非常に多いと思います。
女性も男性もです。そして、中々人に言えません。
もしかしたら、変質的な性を自ら決断して行ったかもしれません。
変質的な性を自ら、決断してやったとすると
それは、人には言えません。
しかし、被害者の方は、そのような目に遭って方が非常に多いと思います
そして誰にも相談できませんし、言えません。

しかし、それはすべて加害者の罠。計算ずくです。
性的な欲、変質的なものへの感動、
若い人が異性を思うような異性への思い、自意識。
理性、正義感、などを低下された状態でそのように誘導されます。

難しい話ですが、性の被害を言わなければ
被害は存在しないと言ってるようなものです。
しかし、被害者の方はけして話す事ができません。
計算ずくでやっているのです。

性的被害は様々あると思います。
僕の場合は女性器の機能をつけられ、それが興奮したような状態を
ずっと続けられ、「犯すぞ!」と加害者男性が脅すように言ってきては
男性の自尊心を破壊しようとします。
僕の母は三人の男に
レイ0を毎日受けてる被害にあって苦しい死にたくなる目に遭っていました。
そのせいで精神科で診断を受けています。
また、Yさんは僕の目の前で性で頂点に達したようになりました。
誰も触っていないのに洋服を着たままでです。
通常の性を考えると、そう簡単に頂点にいきません。
Yさんはそんな異常な体験をされてもそれを忘れるように
頭をグルグルされるように、忘れるように強いコントロールをされるように
されながら、仕事をしていました。(頭に強い暗い磁器が帯びてるようです)
それを、考えると、何も触っていない服を着たままの女性を
そうさせるテクノロジーの高度さ凄まじさを考えさせられます。
何を考え、思考しても 人形のように自由に扱う事ができるのです。

本来好きでも無い男性に期待し、感動してしまうのも簡単な事なのです。

スポンサーサイト
2011-01-18(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。