スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

基本的にどこに行っても逃げる事ができません。

基本的にどこに行ってもテクノロジー攻撃の影響力から逃げる事はできませんでした。

飛んでる飛行機の中

僕は、青森県から沖縄まで逃げた事がありました。
飛行機に乗って行きました。
行きの飛行機の中では加害者側のテクノロジー電磁波の影響力が
極端に下がった一時無くなったのを覚えています。
しかし、加害者側は被害者の状況の変化を更新し対応する事が出来ます。
沖縄から帰る飛行機に乗った時は、
テクノロジー電磁波の影響力はほぼ無くなりませんでした。弱くはなりましたが。

上空何万メートル、時速700キロ、海上を飛行中の飛行機の中でも
加害者は攻撃を与える事ができるのです



海面下140m下の洞窟

青森県にある竜飛岬、青函トンネル記念館
では海面下140m下まで降りていく事ができます。
正直、その頃はあまり被害が少なくテクノロジー犯罪も意識していませんでした。
だから正直わかりません。
ただ、母がそのころ強い攻撃を受けていましたが
140m下まで行って具合悪くなった。など言っておりましたから
効果ないかもしれません


原子燃料サイクル施設付近の強い電磁波影響下

青森県六ヶ所には原子燃料リサイクル施設というものがあります。
僕はそこに行った時テクノロジーによる電磁波の影響力が
弱くなった事を体験しました。
原子燃料リサイクル施設が
強力な電磁波を出して、加害者側の加害波が拮抗してる気がしました。

そこらはとても田舎なので、加害者がいうには
そんなのは関係ない。お前がどこにいるのか見失っただけだ、
といいます。
命がけでしたので何泊か車の中で六カ所に野宿しました。
しかし、日曜日土曜日となるとまた、電磁波の攻撃が強くなりました。
施設が休日で稼働しなくなったからかと考えています。
今も、そこに住もうかどうか迷っています。

六ヶ所から実家の八戸に帰るとまた、耐えがたく強い加害波の攻撃がはじまりました。

海の中

加害者側には何種類も人体に介入する、攻撃する電磁波のようなものが
沢山あると思います。
海中に入るとその何割かは影響力がなくなるのではないでしょうか?
海中に入るとたしかに弱くなりますが、
いつまでも海中に浸かってるわけにもいきません。
海中の中に家を作る事ができればなあ
などと想像しました。

山頂

階上岳 標高740mの山頂ですが
ある程度、加害者の電磁波が弱くなったのは感じました。
まったく無くなる事はありませんでした。
飛行機の高度でも無理ならば
山の高さ程度では関係ないでしょうが。。
しかし、山には木や森などがあり
色々な障害が加害波の妨害になってる影響とも考えられました。

ある場所

僕の住んでいる場所は青森県八戸市の外れた山の田舎にあります。

ある場所に行くと必ず電磁波影響は弱くなりました。
土砂崩れがあって、厚いコンクリートの壁があるところです。
そこに行くと身体への電磁波の影響力がいつも弱くなりました。
マンホールの中などいいのかもしれないなどと想像しました。

シールドルーム

テクノロジー犯罪被害ネットワークの情報ですが

TDK製の電波暗室(30MHZ~1GHZを遮断)、シールドルーム(90KHZ~30MHZを遮断)での体験を実施しましたが、この設備でも完全に被害が無くなる事はありませんでした。
とありました。

海外に逃げる

海外に行っても逃げられないという情報を聞きます。
ある被害者の方はカナダでテクノロジー犯罪に遭い、
日本に帰宅してからも被害は続いた。と聞きました。
また、ある方の証言では
オーストラリアでも集ストに遭った。と言います
ただ、僕が思うに海外まで離れると
加害者の装置から外国にいる被害者までの距離に
あらゆる障害があり、
ノイズなど加害波に影響力が出て、加害者が諦める可能性が高くなるのではないか
と考えています
スポンサーサイト
2010-10-07(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

被害歴3年近くなり、アジトのマンション離れマレーシアへ高度13000メートル上空機内でも攻撃される弱くイポーメルバレーマンションドア開くと攻撃される。送音もあり  滞在6日目
2010-10-27 13:46 |  | URL   [ 編集 ]

カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。