スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

加害者の行動の疑問、加害者の慎重な姿勢

基本的に、被害者は加害者がどこに潜んでいるのかわかりません。

しかし、同じ日本人であること、

多分、同じ県内である事、近隣に潜んでる可能性が高いことなどうかがえる事が出来ると思います。



しかし、加害者はなぜ?近隣に同じ被害者を作らないのでしょうか?

同じ加害者からの攻撃と思われる、同じ特徴の被害を受ける被害者

が出ないのはなぜでしょうか?

銃を乱射するような、ヤケクソな攻撃をするのであれば

同じ被害の特徴を持つ被害者が、近隣に多数出てきても良いと思います。

しかし、そのような話が出てきた事はありません。

同じ加害者チームが攻撃してるのではないか?と思うような被害者同士にも

今のところ会ったこともありません。

仮説ですが、もしかしたら、

加害者1チームにつきテクノロジー犯罪被害を認識する被害者は1名まで

と決められてるのかもしれません。



もしも、同じ地域に、同じ特徴を持った被害を認識する被害者が出たとすれば

被害の訴えに信憑性が出てきます。聞いてくれる方も出てきます。

加害者がこの近隣に潜んでるという手掛かりにもなります。

そうならない為に、どこまでも被害者の訴えに信憑性が出ない為の

ルール、工作なのではないかと考えています。



また、被害当初、

テクノロジー犯罪被害ネットワークなどの相談会などに出席したら

別の加害者からも頭を覗かれ、テクノロジー犯罪攻撃を受けるのではないか?と心配しました。



しかし、なぜか、被害者同士が連絡を取り合っても実際に遭っても

別の加害者から目をつけられ、テクノロジー犯罪攻撃を

二重に受けるようになったなどという話も出た事がありません。

加害者を非難するもの同士が結束しますので、

そのような事があっても良いと思うのですが、なぜか?ありません。

これは、どこまでも被害の訴えが

被害者個人だけのものにしたい。統合失調症の個人の妄想である事で

のつじつま合わせの為に

そのようなルールが敷かれてるのではないかと考えています。



この事からも、被害自体は非常に派手で、異常ですが

周囲を統合失調としてつじつまが合うように、慎重に綿密に

考えてある事がうかがわせる事が出来ると思います。



今日の被害↓



最近、今日の被害は書きませんが、

被害は、必ず毎日続いています。

被害のブログを書くのは、苦しい被害を受けながら

考えをまとめて、渾身の力がいるのでめんどくさくなることもありますが、

でも、被害を書かないと、被害はなかったと思われてしまいますので

がんばって書いていきたいです。



今日の被害は、目を攻撃してくるようになりました。

僕がブログを書いてるのが面白くないようです。

眼を失明させる。ような脅しもかけてきます。

それなら、それで仕方なく、失明するまで書くしかないと思っています。

目に不快な電磁波のような熱を浴びせられ

目から鼻の内部~前頭葉付近までのつながってる神経を

攻撃してるようです。

目もですが、頭が重苦しく不快で熱くされ非常に苦しいです。

それがずっと続きます。



殺害された場合、遺書に

僕はテクノロジー犯罪で殺害される可能性が高い事

殺害された場合、他の被害者にそれを伝えて、

ブログのIDなども教えて、ブログにその事も書いてほしいと

遺書にしたためてあります。

僕が殺害された場合は、他の被害者の方からの記入で

そのような発表があると思いますのでよろしくお願いします。

加害者は、証拠が残る事を非常に警戒し、慎重な姿勢がありますので

遺書を書いてる為、殺意はあるが、、殺害までは至らないと思っています



ところで、僕は今日誕生日でした。

このような形でよくもまあ誕生日を迎えたな。と思ってます。

来年の誕生日はどうなってるのか。

被害は変わらないのか。無くなってるのか。殺されるのか。

そのような事をふとトイレのカレンダーを見ながら考えていました。
スポンサーサイト
2010-10-12(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。