スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

僕に対する加害者のマインドコントロール行為の流れ~

僕に対する加害者のマインドコントロール行為の流れ~



僕には、心の映像に見える加害者による、声の脅しやらがずっと続いています。

それを一つ一つ、分析できましたので

その、遠隔操作の思考盗聴技術による

マインドコントロール行為の概要の流れをお知らせしておきます。

目的は、精神の変格にあります。



被害者の方はトラウマになる

とても辛い試練、経験をして、自分の決断の仕方、考え方が変わったなど

精神の変格があった事はありませんでしょうか?



加害者はそれと同じように、被害者を苦しみ悩ませて精神の変格を起します。

被害者に起こした行為を被害者に記憶できないようにしながら

それをマインドコントロールしてすすめます。

被害者は、それによって、精神状態が変格され続け、

変格精神 C→D→E→Fと進んでいきます。

だから、被害者の方は、自分の昔の日記やブログを読むと

どのような気持ちだったのか忘れがちになってるはずです。



この行為の流れは 

自白行為→苦しみ悩む為の心理状態の構築→苦しみ悩み続けた事による精神の変格を起す

といった形になります。



自白行為



まずは、加害者は自白させる行為からはじまります。

遠隔操作技術によって、

僕の精神状態は、心が人とわかちあったように

楽しくって、うれいしい気持ちで満足した状態にされてしまい

とても身近な人と僕の気にいってる思い出の幻像を共有して

話をするように、加害者に僕の思い出の幻像をを出されては、

それに対しペラペラと楽しげに話をしつづけてしまいます。



苦しみ悩む為の心理状態の構築とその為の

マインドコントロール~



自白によって

僕の苦しみ、悩むといった心理の元となる

心理の動向を探ります。

例えば、加害者は被害者の苦しみ悩ませる心理の元として

被害者の人間関係の悩み続ける、苦しみ続ける心理を構築したりします。

被害者の会社の上司との人間関係に遠隔操作による工作をし

特に感情面による 好き、嫌い の操作の遠隔操作をします



僕は、会社の上司に嫌われたくない、嫌われてしまうと悩む。

といった心理を加害者によって

被害者の中心である心理として構築されてしまい。

上司も加害者によって心理操作されてしまいます。

上司は、加害者によって僕に対する不満、憎しみなど悪い心を増強させられてしまい、

上司は、僕の事を嫌いと思うようになり、

僕は上司が嫌いになってる感情を察知できて

その人間関係に悩み苦しみ続けるといった状況が発生します。



その悩みの状況を常に自覚するまで構築されてしまいます。

それによって、被害者は悩み苦しみ続けるといった葛藤の心理が発生し続けます。

その心理Aは

マインドコントロールされたように徐々にヒ―トアップしていき高まっていきます。



その段階から次に

加害者は、(※僕の場合ですが)

肉体的な不愉快、不快さの続く電磁波のような低周波のような

ものを身体身体に起こしたりされて

被害者の僕は、人間関係も悩みながら

かなり強力な苦しみ悩み続けてしまいます。



※そこにある種の精神安定効果の高いマインドコントロール的なものもされてしまいます。



苦しみ続け、人間関係に悩みつづけながら

かなり辛い思いの日々を強いられます。

それは一生のつらい思い出になるほどの

トラウマになるほどの苦しみ、辛さになります。

その状態で

被害者の僕は、「もう、会社辞めたいな。辛いな。。苦しいな。。」など

不満の心の声が出てしまいます。

そして、被害者はこの辛さから逃げるように、決断をしてしまいます。

重要なのが、こういった心の中の不満の声のひと言であり、

加害者による、心理動向の確認の指標になります。

これによって、被害者は精神の変格が起こってしまい。

この被害Aに遭う前の精神の考え方とは違ったものになります。

それは、人が人生で非常に辛い試練に遭い

決断の仕方が変わったり、考え方が変わったりするのと類似しています。



また、この行為によって、被害者は

被害者が非常に忘れやすい変性意識状態、マインドコントロール

などにされてから辛い苦しい犯罪行為にされる為、

記憶に残らないようにトラウマにならないように

被害に苦しみ、精神の変格だけが起こると言った仕組みになっております。

その為に

被害者は、苦しい被害がどのようなものであったのか

ブログをつけてもどのような様子だったのか思い出す事ができないようになっています



被害によって会社の人間関係に悩んだり苦しみ悩み続け、

「もう、会社辞めたいな。辛いな。。苦しいな。。」」と心の不満の声をつぶやき

精神の変格を起すまでが目的であって、

加害者は実際に会社を辞めさせるのが目的ではありません。

辞めるか辞めないか決めるのは、被害者の自由なのです。

スポンサーサイト
2010-10-21(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。