スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

テクノロジー犯罪は人の心理を物理として考えた、思考変化の実験

テクノロジー犯罪の正体は、
人の心理を物体(物理)としてとらえた
心理を物理として見た次々に起こる
連鎖反応の実験である事だと僕は確信しています。

僕、個人の環境を中心としたテクノロジー犯罪、思考を盗聴
の見解を発表したいと思います。

テクノロジー犯罪に遭うと、
色々な非常に苦しみ続ける辛い経験をしながらも、それを忘れてしまうといった
現象が1つのサイクルとして続くと思われます。

僕、個人のテクノロジー犯罪を心理の物理の実験として見た場合
あらゆるつじつまが合う事に気がつきました。

まず、加害者の僕に対する実験として見た場合の流れですが、
大まかに
動揺→不安→自覚→心理の変格(思考の変化)
といったサイクルで、心理が移行し続ける事がわかりました。
被害者の方は自分の心理を物体として考えてみていただきたいと
思います。

このサイクルの流れの、自分の自覚症状と加害者の行動ですが
まず、加害者は僕の心理を動揺与えて→不安な状況に追い込む
と言った事をします。
僕の場合ですが、
簡単に言うと、加害者は映像化して出てきて、罵倒を繰り返します。
その内容を詳しく言うと、
僕の過去に関係のあった人物でインパクトを与えたある人物で、
僕の心理に影響を与えた人物が出てくるのです。
加害者の作ったその人物の幻像は、
僕がある行為Aをしようとすると、それにぴったりと合せたように
罵倒や脅しを繰り返していきます。
僕の心理を何もかも知り尽くして、僕がどのようにすれば不安になりやすいのか
動揺を与えやすいのか、何もかも知っております。
加害者によって作られた幻像による
罵倒や脅しが一つがビリヤードのような玉として考えた場合
その脅しという球が、僕の心理に当たり、不安という球を叩きだす
ような現象を作り上げます。
これがまず、次々と物体としての考えた心理の連鎖反応が起こる、
加害者の第一の目的であります。

僕が、行為A(会社の仕事を片付けよう)とすると、
加害者は
僕に心理的に不安を与えた人物Aさんの幻像を作り出し
その行為にぴったりと合わせ「ヤメロ!」「いい加減にしろ!」など
不安の口が広がりやすいように脅していきます。

加害者は、なぜもこんなに僕の心や過去の人物の僕に不安を与えた人物まで
知っているのでしょうか?
それは、加害者が作った幻像と言うのは、
実は僕の頭脳の記憶に書かれてた心理情報を
出してたにすぎません。
僕がどのように不安の口を広げ陥りやすいのか、
そして、僕に不安を与えた自分が誰なのか
僕の脳の心理の記憶に、
僕の過去の心理の記憶に記録してあるのです。
僕自身が過去に不安を受けて心理に影響を与えた過去の
心理の記憶の情報をそのまま使っていますので、
非常に上手に、どのようにすれば不安や動揺といった心理に陥りやすいのか
詳しく、精密に加害者のテクノロジーの心理科学兵器に分析、解析されて
いるのです。

次に自覚ですが、僕に
”ある自覚をさせる”といった心理Aの構築をはかってきます。
加害者は僕を上記で記したように
連続した罵倒を繰り返し、不安を与え続けてそれがエスカレートしていき、
僕が苦しみ悩み続けるといった心理Aの構築を図ろうとします。
僕が受けた実際の現実の例で言うと、
僕が会社の上司の機嫌を損ね、会社に居ずらくし
悩み続けさせるといった心理Aの構築をしようとします。
会社の上司に嫌われる自覚をさせて
苦しみ悩み続けるをさせるのが第二の目的であります。
一時的な、局所的な苦しみではありません。
ここまでも、心理という物体のある法則による連鎖反応の
一定の法則があるかのように事がすすめられます。

次に心理の変格ですが、
その前にもう一つの悩み苦しみ続ける要因の上記のように自覚をさせて、
2つの重い悩み苦しみ続ける要因の自覚を抱えていくように仕立て上げられます。
加害者はそれによりとても辛く苦しみ続ける(自殺した方がいいと考えるほど)
といった状態が発生し、
その心理物理としては、ある域値を超えると
心理の変格が起こるようで、それによって
加害者はその変格を起こすめあすとして
被害者が二重の苦しみを自覚し、悩み続けて
これは僕の場合ですが、
僕が二重の苦しみ続ける要因を抱えて苦しみ
悩み続けて、苦しみ悩みからの決意の独り言
「もう、駄目だ、(辛すぎて)会社を辞めるしかない。。」など
決意のひと言
こういった心の苦しみの悩みの決意の独り言を言うのが
加害者の指標であり、その一言を確認するように加害者は確認し
加害者による心理の変格が起こされます。
大事なのは、加害者にとって、
被害者を会社を辞めさせるのが目的ではなく
苦しみ悩ませ、その苦しみから逃れる弱音の決断を吐かせるのが目的でもあります。
詳しい目的はわかりませんが
これによって、被害者は心理の変格が起こってしまい
まず、心理から起こる思考が明らかに変わります。
その為に被害に遭う前の過去にできた思考ができなくなってしまい
被害後、思考の変化が起こっており、被害者は何かが違う事と言う事と
わけのわからなさに悩むと思います

加害者が最初に思考を盗聴する理由もこの重要な要因によるものだと思います
スポンサーサイト
2010-10-24(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。