スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

過去の”思い出”が精密に思い出され加害者に理解される。それをネタにマインドコントロール

僕は遠隔地にいる加害者によって意識や認知や
思考、思いを拉致されて、
さらには、ある状態Aにされています。
仮想空間の中にいるようでもあります。
その中にいる脳の中身の僕の意識は、
非常に過去の思い出を思い出しやすい状態にされています。
(こうして、このような事を書く事を非常に加害者メンバーは焦っています。)
(もうやめてくれ、頼む。中止しろ!など言ってきます)

過去の思いでも、思い出でに過去どのように頭に思い描いたのか?
加害者メンバーに頭の中に思い描いた映像イメージ、ニュアンスなどが
精密に伝わります。

例えば、通常の人の場合、過去の思い出を思い出すと
あのような事があったなあ~と断片くらいしか思い出す事が出来ないと思います。
しかし、加害者に連れてこられた
ある状態A(仮想空間内に拉致されてる頭の中身の僕)では
過去の思い出、当時の人間関係の模様も精密に思い出す事が出来ます。

僕を例で言うと
思い出を出された事を言いますと

13年前に
僕が大学時代に増田君の家でビデオ見ながら会話した事を思い出されてしまいます。
(そのイメージ映像の思い出を 見ろ!と解説されながら僕は思い出してしまいます)
増田君はサーフィンやスケートボードが好きな人で
僕は好きではありませんでした。
増田君が、バリ島にいってサーフィンをした思い出話をして
大きなビッグウェ―ブに巻き込まれて、あともう少しでおぼれ死ぬ
所だった話しをしました。
僕は、増田君の話しの情景を想像してイメージし、
増田君の話に共感します。

この状態A(仮想空間内)では
増田君とどのような人間関係の位置関係であったのか?
微妙に好きでもない事を合せながら合せたとか、
微妙な関係すら思い出してしまい、それを加害者にも理解されてしまいます。
僕が増田君と会話した内容ももちろん、僕が
増田君と会話しどのようにその会話を頭の中にイメージ映像として思い描いたのか
それすら僕は精密に思い出し、加害者に理解されてしまします。

そして、その思い出を思い出され、「お前はかなりダサかった、媚びをうってた」
などと決めつけてくるのです。

また僕の小学生の頃の過去の思い出が精密に
出された事について、
小学校5年生の頃、T君の家に遊びに行ったが
女子や友人が大勢いて楽しく遊んでいました。
僕はそれに入る事が出来ず、そのまま帰宅し
拒否されたように仲間はずれのような気持ちになり
泣き弱んでしまい、その当時の内面で
(お母さんを恨んだり、女子が仲良くしてるのを嫉妬したり)
した事まで精密な思いでのその当時の頭の内面まで
表現思い出され、それを加害者に理解され
評価、罵倒されてしまいます。
「お前は小学校からダサかった」等、言われてしまいます。

加害者の
目的はそれによって、過去の僕を
出しては批評し自信を無くさせそれを自覚させ
卑屈な人間などにマインドコントロールしたい目的があります。

加害者には、かなり高度な科学装備があります。

スポンサーサイト
2010-11-11(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。