スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

加害者の心理プレッシャ―による自殺の強制こ 様々な体験

加害者のマインドコントロールのずくし
加害者は会話によるマインドコントロールも酷いですが
被害者に気がつきにくいように様々なマインドコントロールをしてきます
色々なマインドコントロールを体験しています。

例えば

意識の変調行為に 、ある瞬間に、まるで疲れてきって路上のベンチで居眠りして、歩いてる人の声を聞き フッ と意識が目覚める。 
そのように加害者にされると意識がパチクリしてさっきまで何を思考してたのか思ってたのかわからなくなります。

また、ふと、この連続した状況の流れは、以前にもあったな。。なにか同じ事を繰り返してるのかな。。などと思うのも
意識を変えるマインドコントロールの一種だと思います。

その他に、僕に恐怖を与える為に
今夜、かならずお前を自殺させる(発狂して生きる事に耐えきれずに)
と宣言して、恐怖を与える心理プレッシャーを与えてきます。

例えば、僕の斜め後方に、恐怖の闇を感じてしまうような赤い色で死をイメージしたような人間味のない女の顔の面だけが
どこかからの空間から現れたように出てきて
僕が歩く後にずっとついてきます。
それは認知はできるが感じる事の出来ない目に見えるようだが目の中に入ってこない
あるようで無いが、認識できるといった発狂の恐怖を感じさせる行為

人気がないさみしい所にぽつんと一つ白い花があるような
夢の中の白いらせんの階段が上に遠くに、どこに続いてるのかわからないのが続いてる世界のような感じを受けさせるもので

僕の目の前に白いいびつな楕円形の石が一つ一つ並べていきます。

その白いいびつな楕円形の石が「いーち、にーい、さーん」と言ってるようなテンポで僕の前に映像で
並べられていきます。一つ一つ並べられるたびに

夢の世界に迷い、時間の感覚が狂い意識が遠のくような ストレスを受け続けてしまいます。

夢の世界に迷い、時間の狂った世界に閉じ込められたようになります。


かなり酷いものは、僕はフラッシュ攻撃と命名していますが、


加害者は(喜びうれしそうに、僕が下で加害者は上の立場の人間関係の位置づけから)
今夜こそ、かならずお前を自殺させる(発狂して生きる事に耐えきれずに)嫌なら早く
飛び降りろ。死ぬ覚悟もせずに今すぐに。と言ってきます
そして、
大多数の単語を
僕の頭の中に

 死ね、殺す、許さんぞ、死ね、自殺、人格障害ってなんですかー?自殺、死ね、殺す、人格障害ってなんですか―?、自殺
、殺す、死ね、ブッコロ―ス、殺す、殺す、自殺、強制自殺、殺す、人格障害ってなんですか―?、殺す、 死ね、殺す、許さんぞ、死ね、自殺、人格障害ってなんですかー?自殺、死ね、殺す、人格障害ってなんですか―?、自殺、
 死ね、殺す、許さんぞ、死ね、自殺、人格障害ってなんですかー?自殺

このような単語の数を一度に頭の中に入れてずっと続けてくるのです。
一度に多数の単語を頭の中に入れられると、頭の中はパニックと恐怖にかられます。
頭の中のどこを意識しても、頭の中は「 死ね、殺す、許さんぞ、死ね、自殺、人格障害ってなんですかー?自殺」
の単語ばかりになります。人の認知はパソコンのCPUのように
一度に認知できる数が限られています。とても認知できないのが多く入ってきます

単語が多数、続きざまに頭の中にあふれ2~3つを認識しても次々と「殺す、自殺、死ね」と頭の中に入ってきます。
認識したらまたすぐに3~4個の「殺す、自殺、死ね」の単語が頭の中に出て認識しなければなりません。
どの方向を振り向いても、意識してもそれが続きます認識がついていかないのです
その状態に意識する認識するのが恐怖を走り、

発狂よりも死ぬよりも恐怖を感じるような怖さを受けてしまいます。
スポンサーサイト
2010-11-21(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


カウンター
プロフィール

kouta888

Author:kouta888
現在は主に、gooブログに書いて更新しています。http://blog.goo.ne.jp/kouta888_1975 こちらを来てくださった方、gooの方をご覧くださいませ。
透明人間化の幽体離脱のような感じで加害者らは、部屋に目に見えない、生体に反応する 干渉しやすいような不思議な物体を置き、それがハラスメントやマインドコントロールのもとになってると考えています。違う場所に行くと、もう、見えないなにかが、用意されている!?そのように訴える方が多いし共感できます。マインドコントロールが解けるとそれは、目には見えないが確かに何かあったんだ。とわかってきます。それは実は、被害者の着てた衣類などの痕跡から集めたものです。そして高度な生体情報キャッチシステムを使用してると思われる技術があります。被害者の使い古した布製品から過去どのようなことを経験をしてたのか過去を割り出せるほどの技術があるようです。自殺に見せかけて殺害する目的の激しいテクノロジーを使用したマインドコントロールのハラスメント制圧のテロにあい、約2年以上過ぎました。
毎日、生き地獄、地獄以上の
生きた心地のしなかった、自殺をしたくてもさせてくれないほど、殺してくれと加害者に頼んだほどの苦しみようでした。アフリカに逃げようとも、タイに逃げ坊さんになり、托鉢でしのごうとか考えたりもしました。
今現在ももちろんテクノロジーマインドコントロールの制圧下にするために激しい
コントロール制圧のテロの攻撃アクセスがあるのですが
この被害に犯罪テロ被災法の仕方などを知るようになり
だいぶ、落ち着いて生存できています。アクセスの減衰
マインドコントロールしにくい方法なども知るようになって来ました。
いろいろと、加害者の目的、そして退避方など
書き続けたいと思います。
僕の減衰の判断は、意識水準の回復、マインドコントロールの介入の減衰声の介入点のズレなどから判断しています。

被害者はどうして、弱められてるのか!?
被害者の方は、実は精神を心を弱められています。まずはそれをしってほしいと思います。
それは、じつは!もしも
事故で、腕を失ってたら!?前頭葉を失ったら
どうなるのか?などを連続として行い
前頭葉をもしも欠損すると、脳が事故修復機能の代理的に脳がフォローすることを悪用しています
前頭葉を失うと、代わりに周囲の側頭葉、頭頂葉などが
代理にフォローするように働きます。
連続で、あらゆる箇所をやられてしまうので
前頭葉を意識できず、
まったく別の神経で頭を使ってるようになってしまいます。
食事をしても、胃で食べてる感じがしないなども、そのためなのです。

カテゴリ
本 (2)
声 (1)
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。